eラーニング教材(コンテンツ販売・作成ツール・受託制作)

「ハラスメント」の検索結果一覧

eラーニング教材(コンテンツ販売・作成ツール・受託制作)

ハラスメントの基礎知識 5分

この教材は、組織内で起こりがちな各種ハラスメントについて深く学ぶための前提として、「ハラスメントとは何か」を理解することを目的としています。ハラスメントについての正しい知識を身に付けて、誰もが安心して働ける職場環境の実現を目指しましょう。

ハラスメントの基礎知識

詳細はこちら

eラーニング教材(コンテンツ販売・作成ツール・受託制作)

セクシュアルハラスメント対策の基礎知識 30分

セクシュアルハラスメント(セクハラ)は被害者の尊厳を不当に傷つけ、加害者と組織の信頼を失墜させる社会的に許されない行為です。この教材では、セクハラについての正しい知識と、職場においてセクハラの被害者、加害者にならないための行動基準を身に付けることができます。

はじめに
1章 セクハラの定義
2章 セクハラの責任
3章 組織と個人のセクハラ対策
4章 管理職としてのセクハラ対策
5章 理解度をチェック

詳細はこちら

eラーニング教材(コンテンツ販売・作成ツール・受託制作)

マタニティハラスメント対策の基礎知識 25分

マタニティハラスメント(マタハラ)は被害者の尊厳を不当に傷つけ、加害者と組織の信頼を失墜させる社会的に許されない行為です。この教材では、マタハラについての正しい知識と、職場においてマタハラの被害者、加害者にならないための行動基準を身に付けることができます。

はじめに
1章 マタハラの定義
2章 マタハラの責任
3章 組織と個人のマタハラ対策
4章 管理職としてのマタハラ対策
5章 理解度をチェック

詳細はこちら

eラーニング教材(コンテンツ販売・作成ツール・受託制作)

パワーハラスメントの基礎知識 35分

パワーハラスメント(パワハラ)は被害者の尊厳を不当に傷つけ、加害者と組織の信頼を失墜させる社会的に許されない行為です。この教材では、パワハラについての正しい知識と、職場においてパワハラの被害者、加害者にならないための行動基準を身に付けることができます。

はじめに
1章 パワハラの定義
2章 パワハラの種類
3章 パワハラの責任
4章 組織と個人のパワハラ対策
5章 管理職としての対応
6章 確認テスト

詳細はこちら

eラーニング教材(コンテンツ販売・作成ツール・受託制作)

怒りをコントロールするアンガーマネジメント 40分

職場の円滑なコミュニケーションをはぐくむため「怒り」の感情に気づき、原因を突き止め、その役割を知るためのプロセスを学び、冷静に適切な行動をとり生産的な職場環境を築くことを目的とした具体的な方法を学習します。

はじめに
後悔先に立たず
自分の傾向を知る
第1章 怒りとは何か?
第2章 怒りをコントロールする
第3章 怒りを生まないための方法
第4章 確認テスト
おわりに

詳細はこちら

eラーニング教材(コンテンツ販売・作成ツール・受託制作)

ダイバーシティ浸透をはばむハラスメント
-働きやすい職場をつくるために-
40分

社員のハラスメント教育は、企業がダイバーシティを推進して働き方改革を実現する上で不可欠です。
本教材では、企業が推進するダイバーシティとは何かを理解し、職場で起こりうる代表的なハラスメントについて学びます。ハラスメントを防止する方法を習得し、誰もが働きやすい職場環境を目指します。

第1章ダイバーシティを学ぶ
第2章ハラスメントを学ぶ
第3章セクハラを学ぶ
第4章パワハラを学ぶ
第5章マタハラ・パタハラを学ぶ
第6章相談
第7章確認テスト

詳細はこちら

eラーニング教材(コンテンツ販売・作成ツール・受託制作)

スメルマネジメント 20分

スメルマネジメントとは、自分のニオイについて意識的に気を配ることです。男性よりも女性の方がニオイに対して敏感に反応するため、女性の社会進出が進む昨今、スメルマネジメントは社会的な常識となりつつあります。本教材では、ニオイ(体臭)に関する情報を中心に、ニオイケアについて正しい知識と対策法を学習します。

第1章:ニオイと人間関係~ニオイケアの重要性~
第2章:加齢による体臭の変化
第3章:ニオイケアの具体策
確認テスト
アンケート

詳細はこちら

eラーニング教材(コンテンツ販売・作成ツール・受託制作)

職場のセクシュアルハラスメントスキル診断 30分

セクシュアルハラスメントの正しい知識と防止対策の行動基準について、分野ごとの理解度・スキルを把握することができます。

eラーニング教材(コンテンツ販売・作成ツール・受託制作)

職場のパワーハラスメントスキル診断 30分

パワーハラスメントの正しい知識と防止対策の行動基準について、分野ごとの理解度・スキルを把握することができます。