コンプライアンス教育

コンプライアンス教育

契約(基礎編) 30分

契約とは、ビジネス上の約束そのものです。ビジネスは、当事者が検討し合意した契約条件に従って動きます。そのため、どのような条件について合意するのかを十分検討し、理解することが重要です。本教材では、ビジネスで必要となる契約の基本的な考え方や概念を学習し、ケーススタディで実務的な知識を身につけることができます。

1章 腕試し
2章 概要
3章 ケーススタディ
4章 理解度テスト

詳細はこちら

コンプライアンス教育

独占禁止法(基礎編) 30分

独占禁止法とは、企業の事業活動について公正な競争ルールを定めた法律です。コンプライアンス経営を実現するためには、独禁法リスクを正しく理解することが重要です。本教材では、ビジネスに必要な独占禁止法の基本的な考え方や概念を学習し、ケーススタディでわかりやすく実務的な知識を身につけることができます。

1章 腕試し
2章 概要
3章 ケーススタディ
4章 理解度テスト

詳細はこちら

コンプライアンス教育

独占禁止法(カルテル編) 30分

カルテルとは、競合他社が互いに連絡を取り合い、本来、各社が独自に決定すべき事項について取り決めをし、市場での競争を制限する行為をいい、独占禁止法において禁止されています。本教材では、ビジネスに必要な独占禁止法上のカルテルに関する基礎知識を学習し、ケーススタディでわかりやすく実務的な知識を身につけることができます。

1章 腕試し
2章 概要
3章 ケーススタディ
4章 理解度テスト

詳細はこちら

コンプライアンス教育

業務フローで学ぶ下請法 2時間

下請法は、独禁法が規制している「不公正な取引方法の禁止」において、企業と取引先との下請取引に関して制定された特別法で、企業が下請取引をする際に守らなければならない法律です。本教材では、発注にかかわる業務に必要とされる下請法の基本的な考え方や概念を身に付けることができます。

1章 取引開始前
2章 取引交渉
3章 取引推進
4章 取引完了
5章 紛争その他
6章 理解度テスト

詳細はこちら

コンプライアンス教育

事例で学ぶ特許・実用新案(1) 1時間

知的財産とは、人の知恵や工夫などから生まれる創造物のことです。知的財産権には大きく分けて産業財産権(工業所有権)と著作権があります。本教材では、事業活動において必要となる知的財産についての基本的な考え方や申請の方法、知的財産を活用して事業活動を効果的に進めるためのキーポイントを身に付けます。

1章:特許・実用新案(1)創造・権利化段階
2章:特許・実用新案(1)理解度テスト

対応デバイス:PC、スマートフォン・タブレット(Android、iOS)

詳細はこちら

コンプライアンス教育

事例で学ぶ特許・実用新案(2) 1時間

取得した特許の活用方法には、大きく3つあります。①特許権の独占、②ライセンス料の取得、③特許権の譲渡です。ビジネスをする上でどれが適切かを判断し、活用方法を選択する必要があります。本教材では、特許の管理および事業への活用方法や、侵害警告を受けた時の対応を、事例を交えて学習します。(知的財産検定2級試験に対応しています。)

1章:特許・実用新案(2) 活用段階
2章:特許・実用新案(2) 理解度テスト

対応デバイス:PC、スマートフォン・タブレット(Android、iOS)

詳細はこちら

コンプライアンス教育

事例で学ぶ意匠・商標 1時間

意匠と商標には、デザインが意匠法で保護され、商標やサービスマーク等のブランドが商標法で保護されるという違いがあります。本教材では、事業活動において必要となる意匠、商標についての基本的な考え方と、事業活動を効果的に進めるためのキーポイントを学習します。また、知的財産検定2級試験に対応しています。

意匠・商標創造・権利化段階
意匠・商標活用段階
意匠・商標理解度テスト

詳細はこちら

コンプライアンス教育

事例で学ぶ著作権 1時間

音楽や文章などの著作物には著作権が発生します。著作権は著作物が創作されたときから発生し、個人は死後70年、法人は著作物の公表後70年保護されます。本教材では、著作権についての基本的な考え方と、知的財産を活用して事業活動を効果的に進めるポイントを学習します。なお、本教材は知的財産検定2級試験に対応しています。

著作権 創造段階
著作権 活用段階
著作権 理解度テスト

詳細はこちら

コンプライアンス教育

日本版SOX法と内部統制~全社員向けエッセンス~ 30分

内部統制とは、企業不祥事のきっかけとなる不正やミスを見逃さないための仕組みです。今日、企業経営の健全化のために不可欠な活動とされています。本教材では、内部統制の包括的な概念理解から学習し、日本版SOX法に対しての日常業務と紐づけた従業員レベルでの理解をすることができます。

1章 内部統制とは
2章 企業不祥事の要因
3章 内部統制の仕組み構築のポイント

詳細はこちら

コンプライアンス教育

下請法(基礎編) 1時間

下請法(下請代金支払遅延等防止法)とは、下請事業者の利益保護を目的として、独占禁止法の特別法として制定された法律です。本教材では、下請法の適用範囲や義務・禁止事項、罰則についての基本事項を学んだうえで、ビジネスの各シーンにおけるケーススタディで実践的な知識を獲得することができます。

1章 腕試し
2章 概要
3章 ケーススタディ
4章 理解度テスト

詳細はこちら

コンプライアンス教育

下請法(実務編) 1時間30分

本教材では、下請法の基本的な考え方や概念について学習し、ビジネスに必要な下請法の実務知識が習得できます。基礎編よりもケーススタディを充実させた作りで、より実務的な感覚をつかむことができます。

1章 腕試し
2章 概要
3章 ケーススタディ
4章 理解度テスト

詳細はこちら

コンプライアンス教育

著作権法(基礎編) 1時間

著作権法とは、著作者の権利やそれに隣接する権利を定め、著作の保護を目的とする法律です。本教材では、著作物・著作者とは何か、著作物利用時の注意、著作権法に違反した場合の措置などの基本事項を学んだうえで、著作物を利用する際の適切なアクションを、わかりやすく具体的なケーススタディで実務的に学んでいくことができます。

1章 腕試し
2章 概要
3章 ケーススタディ
4章 理解度テスト

詳細はこちら

コンプライアンス教育

反社会的勢力排除の基礎知識 50分

反社会的勢力との関係遮断は、企業にとって「コンプライアンス(法令順守)そのもの」として取り組むべき課題となっています。本教材では、反社会的勢力の最新動向、企業との接点、反社チェックのポイントを事例を交えて学び、反社会的勢力に対処するための基本知識を身につけることができます。

チェックテスト
1章 反社会的勢力を巡る最新動向
2章 反社会的勢力と企業の接点
3章 日常業務における反社チェックのポイント
4章 総括(まとめ)
確認テスト

詳細はこちら

コンプライアンス教育

安全保障貿易(輸出)管理(入門編) 30分

安全保障貿易(輸出)管理とは、国際的な平和と安全の維持を目的として、武器や軍事転用可能な物・技術が、テロ活動や地域紛争等に使用されることを未然に防止するための輸出等の管理です。本教材では、輸出管理規制について基本的な考え方と概要を学び、ケーススタディで実務的な知識を身につけることができます。

1章 腕試し
2章 概要
3章 ケーススタディ
4章 理解度テスト

詳細はこちら

コンプライアンス教育

製造物責任法 (PL法)(基礎編) 30分

製造物責任法(PL法)とは、商品の安全性の欠陥により消費者に損害が起こった場合、製造に関わった企業に損害賠償の責任を負わせることができるという法律です。本教材では、ビジネスで必要となる製造物責任法(PL法)の基本的な考え方や概念を学習し、ケーススタディで実務的な知識を身につけることができます。

1章 腕試し
2章 概要
3章 ケーススタディ
4章 理解度テスト

詳細はこちら