eラーニング教材 業務フローで学ぶ下請法

下請法を十分に理解していますか?

下請取引では、発注側企業を親事業者、受注側企業および個人を下請事業者と呼びます。親事業者には、下請取引について、いろいろな義務があります。違反した場合には社名公表などが行われ、罰金が科されることもあります。違反しないためには、下請取引の内容と、対象となる資本金の基準を正しく理解することが重要です。この機会に、社員の下請法についての知識を確かなものにしておきませんか。

業務に必要な下請法の知識を身につける

下請法は、独禁法が規制している「不公正な取引方法の禁止」において、企業と取引先との下請取引に関して制定された特別法で、企業が下請取引をする際に守らなければならない法律です。下請法は、下請取引に関する違反行為、義務、罰則などを具体化し、下請取引の公正化と下請事業者の利益保護を目的としています。本教材では、発注にかかわる業務に必要とされる下請法の基本的な考え方や概念を身に付けることができます。

学習の流れ

目次

1章 取引開始前
2章 取引交渉
3章 取引推進
4章 取引完了
5章 紛争その他
6章 理解度テスト

教材概要

学習時間 2時間
対応端末 PC、スマートフォン、タブレット
対応OS Windows、iOS、Android
外国語版の有無 なし

関連ブログ・記事

『eラーニング大百科』

eラーニングについて知りたい方必見 『eラーニング大百科』 教育担当がこっそり開くパーフェクトガイド

無料eBookをダウンロードする
compliance_ebook

131ページで徹底解説 コンプライアンスが楽しくなる!ゲーミフィケーションで実践する教育の仕組みづくり

無料eBookをダウンロードする
eLearningMaterial

教材検討にご活用ください 約300教材をまとめた、eラーニング教材カタログ

教材カタログをダウンロードする