若手社員

若手社員

クリティカル・シンキングのエッセンス 10時間

クリティカル・シンキングとは、「考える」ための方法です。しかし、単に課題に対して答えを出すことが目的ではありません。本教材でクリティカル・シンキングの本質である、課題を懐疑的にとらえ広く深く考える方法を例題を通して学習することにより、ビジネスに必要な論理的思考力を身につけ、課題の解決につながる結論を導きだせるようになります。

1章 クリティカル・シンキングとは
2章 イシューを特定する
3章 解釈する
4章 構造化を行う (1)
5章 構造化を行う (2)
6章 総合演習

詳細はこちら

若手社員

Microsoft PowerPoint 応用編 1時間30分

本教材では、PowerPointについてより深い知識や効率的な操作方法を習得します。それにより、「アニメーション」と呼ばれる動きの効果や動画を活用して印象的なプレゼンテーションを仕上げたり、スライドマスターやテンプレートを活用してスライドに統一感を持たせたりすることができるようになります。その他、クリップアートやリンクなどの便利機能も学習します。

1章 はじめに
2章 表やグラフの挿入
3章 アニメーションの活用
4章 動画の挿入、編集
5章 マスターとテンプレートの活用
6章 PowerPoint Online
7章 その他の便利な機能
おわりに

対応デバイス:PC,スマートフォン・タブレット(Android、iOS)

詳細はこちら

若手社員

Microsoft PowerPoint 基礎編 1時間30分

PowerPointは、プレゼンテーションに使用する発表用スライドや配布資料を作成し、説明をするためのアプリケーションです。本教材では、スライド作成やテーマの選定、アニメーションなど基本的な使い方を習得します。また、図形や表、クリップアートなどを活用して、より分かりやすい資料を作成する方法も学ぶことができます。

1章 はじめに
2章 Microsoft PowerPoint の画面
3章 プレゼンテーションの構成
4章 スライドの作成とデザイン
5章 図形や画像の挿入
6章 スライドショーの準備と実行
7章 その他の便利な機能
おわりに

対応デバイス:PC,スマートフォン・タブレット(Android、iOS)

詳細はこちら

若手社員

Microsoft Excel 応用編 1時間30分

本教材では、Excelで大量のデータを扱う際の効率的な操作方法を習得します。データからグラフを作成したり、vlookupやrounddownなどの関数を使用して、数値や文字列をさまざまな条件で計算、編集したりすることができるようになります。その他、ピボットテーブルやマクロ機能などの便利機能を使った操作を学習します。

1章 はじめに
2章 グラフの作成
3章 データベースの管理
4章 関数の基礎知識
5章 マクロの作成
6章 Excel VBA
7章 Excel Online
おわりに

対応デバイス:PC,スマートフォン・タブレット(Android、iOS)

詳細はこちら

若手社員

Microsoft Excel 基礎編 1時間30分

Excelは表計算やデータの集積に適したアプリケーションです。見積書の作成や、顧客リストのデータ管理などに用いられます。本教材では、初心者向けの基礎的なExcelの知識・操作方法を習得します。セルの入力方法や塗りつぶし、パーセント表記や改ページ、印刷方法のほか、業務に使える便利機能を学びます。

1章 はじめに
2章 Microsoft Excel の画面
3章 データ入力の基本
4章 表の体裁を整える
5章 目的に応じた印刷
6章 表計算機能の活用
7章 その他の便利な機能
おわりに

対応デバイス:PC,スマートフォン・タブレット(Android、iOS)

詳細はこちら

若手社員

Microsoft Word 応用編 1時間30分

本教材では、Wordについてより深い知識や効率的な操作方法を習得します。図表の挿入や複数で作業する場合に便利なコメント機能、長文作成をサポートする目次やレイアウト機能、さらにはオンライン上で文書作成できるWord Onlineなどの便利機能を学習します。

1章 はじめに
2章 表の作成
3章 図形や画像の挿入
4章 文書の校閲
5章 長文文書作成のサポート
6章 Word Online
7章 その他の便利な機能
おわりに

詳細はこちら

若手社員

Microsoft Word 基礎編 1時間30分

Wordは、表現力豊かな文書をさまざまなレイアウトで作成できるアプリケーションです。本教材では、入力やコピー、貼り付け、保存、印刷方法などWordの基本操作を習得します。また、罫線作成や表・グラフの挿入、行間やインデントの設定も習得し、用途に合わせた文書の作成方法を学びます。

1章 はじめに
2章 Microsoft Word の画面
3章 文書作成の基本
4章 文書の体裁を整える
5章 文書の保存と印刷
6章 その他の便利な機能
おわりに

詳細はこちら

若手社員

チームワーク 1時間

チームワークの本質とは、共通の目標を達成するためにメンバーと協力することにあります。チームワークを向上させるには、相手の気持ちを思いやり、良好な関係を築けるように行動していかなければいけません。本教材では、チームワークの重要性を理解し、共通の目標に向かってメンバーと協力していく方法を身に付けることができます。

1章 チームワーク概要
2章 良好な関係を築く意識をもつ
3章 良好な関係を築くよう行動する
4章 課題を共有する
5章 解決に向けて協力する
6章 総合テスト

詳細はこちら

若手社員

独占禁止法(基礎編) 30分

独占禁止法とは、企業の事業活動について公正な競争ルールを定めた法律です。コンプライアンス経営を実現するためには、独禁法リスクを正しく理解することが重要です。本教材では、ビジネスに必要な独占禁止法の基本的な考え方や概念を学習し、ケーススタディでわかりやすく実務的な知識を身につけることができます。

1章 腕試し
2章 概要
3章 ケーススタディ
4章 理解度テスト

詳細はこちら

若手社員

独占禁止法(カルテル編) 30分

カルテルとは、競合他社が互いに連絡を取り合い、本来、各社が独自に決定すべき事項について取り決めをし、市場での競争を制限する行為をいい、独占禁止法において禁止されています。本教材では、ビジネスに必要な独占禁止法上のカルテルに関する基礎知識を学習し、ケーススタディでわかりやすく実務的な知識を身につけることができます。

1章 腕試し
2章 概要
3章 ケーススタディ
4章 理解度テスト

詳細はこちら

若手社員

業務フローで学ぶ下請法 2時間

下請法は、独禁法が規制している「不公正な取引方法の禁止」において、企業と取引先との下請取引に関して制定された特別法で、企業が下請取引をする際に守らなければならない法律です。本教材では、発注にかかわる業務に必要とされる下請法の基本的な考え方や概念を身に付けることができます。

1章 取引開始前
2章 取引交渉
3章 取引推進
4章 取引完了
5章 紛争その他
6章 理解度テスト

詳細はこちら

若手社員

事例で学ぶ特許・実用新案(1) 1時間

知的財産とは、人の知恵や工夫などから生まれる創造物のことです。知的財産権には大きく分けて産業財産権(工業所有権)と著作権があります。本教材では、事業活動において必要となる知的財産についての基本的な考え方や申請の方法、知的財産を活用して事業活動を効果的に進めるためのキーポイントを身に付けます。

1章:特許・実用新案(1)創造・権利化段階
2章:特許・実用新案(1)理解度テスト

対応デバイス:PC、スマートフォン・タブレット(Android、iOS)

詳細はこちら

若手社員

事例で学ぶ特許・実用新案(2) 1時間

取得した特許の活用方法には、大きく3つあります。①特許権の独占、②ライセンス料の取得、③特許権の譲渡です。ビジネスをする上でどれが適切かを判断し、活用方法を選択する必要があります。本教材では、特許の管理および事業への活用方法や、侵害警告を受けた時の対応を、事例を交えて学習します。(知的財産検定2級試験に対応しています。)

1章:特許・実用新案(2) 活用段階
2章:特許・実用新案(2) 理解度テスト

対応デバイス:PC、スマートフォン・タブレット(Android、iOS)

詳細はこちら

若手社員

事例で学ぶ意匠・商標 1時間

意匠と商標には、デザインが意匠法で保護され、商標やサービスマーク等のブランドが商標法で保護されるという違いがあります。本教材では、事業活動において必要となる意匠、商標についての基本的な考え方と、事業活動を効果的に進めるためのキーポイントを学習します。また、知的財産検定2級試験に対応しています。

意匠・商標創造・権利化段階
意匠・商標活用段階
意匠・商標理解度テスト

詳細はこちら

若手社員

事例で学ぶ著作権 1時間

音楽や文章などの著作物には著作権が発生します。著作権は著作物が創作されたときから発生し、個人は死後70年、法人は著作物の公表後70年保護されます。本教材では、著作権についての基本的な考え方と、知的財産を活用して事業活動を効果的に進めるポイントを学習します。なお、本教材は知的財産検定2級試験に対応しています。

著作権 創造段階
著作権 活用段階
著作権 理解度テスト

詳細はこちら

若手社員

職場のメンタルヘルス(ラインケア編) 1時間

企業は、コンプライアンスの観点から社員の「心の病」や「自殺」を予防する必要があり、「メンタルヘルス」への取り組みが強く求められています。本教材では、メンタルヘルスの重要性と社会的背景を学習し、組織マネジメントにおける当領域についての知識や対策を身に付けることができます。

1章 私たちの生活とメンタルヘルス
2章 メンタルヘルスへの労務管理上の対応
3章 職場で起こりうるメンタルヘルス不調
4章 管理職の役割
5章 まとめテスト
6章 職場のメンタルヘルス ラインケア編 ケース・スタディ

詳細はこちら

若手社員

職場のメンタルヘルス(セルフケア編) 1時間

ストレスの感じ方は人によって異なり、すべての人が同様に心の疲れを感じるわけではありません。しかし、その心の疲れが深刻な問題へ発展する可能性もあるため、自分自身の健康を管理する必要があります。本教材では、自身がメンタルヘルス不全に陥ることで生じるリスクを学習し、その対策や回避方法を身につけることができます。

1章 私たちの生活とメンタルヘルス
2章 メンタルヘルスの現状
3章 職場で起こりうるメンタルヘルス不全
4章 ストレス対策
5章 まとめ
6章 まとめテスト
7章 職場のメンタルヘルス セルフケア編 ケース・スタディ

詳細はこちら

若手社員

職場のセクシュアルハラスメント 1時間

職場におけるセクシュアルハラスメント(セクハラ)とは、性的な言動に対する対応によって不利益を受けたり、就業環境が害されることを指します。職場におけるセクハラは「労務管理上の問題」です。本教材では、セクシュアルハラスメントの正しい知識と、加害者、被害者にならないための行動基準を、具体的な事例を交えて学習します。

1章 セクシュアルハラスメントについて学ぶ
2章 企業におけるセクシュアルハラスメントの現状
3章 セクシュアルハラスメントを理解する
4章 セクシュアルハラスメントを防止するための対応
5章 まとめ
6章 まとめテスト
7章 セクシュアルハラスメント ケース・スタディ

詳細はこちら

若手社員

職場のパワーハラスメント 1時間

職場におけるパワーハラスメント(パワハラ)とは、立場を利用して言葉や態度による暴力をふるったり、精神的な苦痛を与えることです。企業はパワハラ防止のための対策をする必要があります。本教材では、パワハラについての正しい知識と、職場においてパワハラの加害者、被害者にならないための行動基準を学習します。

1章 パワーハラスメントについて学ぶ
2章 企業におけるパワーハラスメントの現状
3章 パワーハラスメントを理解する
4章 パワーハラスメントを防止するために
5章 まとめ
6章 まとめテスト
7章 パワーハラスメント ケース・スタディ

詳細はこちら

若手社員

職場のメンタルヘルス(ラインケア編)スキル診断 30分

職場のメンタルヘルスに関する組織マネジメントの基礎知識について、分野ごとの理解度・スキルを把握することができます。

対応デバイス:PC、スマートフォン・タブレット(Android、iOS)

若手社員

職場のセクシュアルハラスメントスキル診断 30分

セクシュアルハラスメントの正しい知識と防止対策の行動基準について、分野ごとの理解度・スキルを把握することができます。

対応デバイス:PC、スマートフォン・タブレット(Android、iOS)