若手社員

若手社員

品質管理入門 30分

品質管理とは、ターゲットとしている顧客の要求に合致し、顧客の満足度に影響を与える商品やサービスを、最も経済的に提供することです。本教材では、品質の定義、品質管理の意義と重要性、品質管理の方法といった品質管理の基本的な考え方について学習します。

・はじめに
・品質とは?
・品質管理の基本
・品質管理の方法
・確認テスト

詳細はこちら

若手社員

論理的思考を身につけるクリティカルシンキング 1時間

クリティカル・シンキングとは、「考える」ための方法です。しかし、単に課題に対して答えを出すことが目的ではありません。本教材でクリティカル・シンキングの本質である、課題を懐疑的にとらえ広く深く考える方法を例題を通して学習することにより、ビジネスに必要な論理的思考力を身につけ、課題の解決につながる結論を導きだせるようになります。

・基礎編
・ものの見方・課題設定編
・情報分析・推論編
・主張編

詳細はこちら

若手社員

代理販売

パワーエレクトロニクス基礎 1時間20分

パワーエレクトロニクスの概要や役割、電力変換と制御の基本を理解し、電力変換回路の基本的な動作についての知識の習得を目指します。これからパワーエレクトロニクス分野の業務に従事する方や抵抗、コンデンサ、トランジスタなどの電気回路の基本的な知識を有している方におすすめです。

はじめに
1章 パワーエレクトロニクス概論 1
2章 パワーエレクトロニクス概論 2
3章 電力変換と制御
4章 半導体スイッチ

詳細はこちら

若手社員

代理販売

これから始めるAI知識 4時間

AI(人工知能)とは何か、AIの歴史やAIを取り巻く問題、利用する側と作る側のそれぞれに必要な用語や概念など、業務でAIに関わる方に必要な基礎知識について、活用事例をもとに学習します。AI技術に携わるエンジニアを目指す方やAIの基本的な知識習得を目指す方におすすめです。

はじめに
1章 人工知能(AI)概論
2章 AIの利活用
3章 機械学習とディープラーニング
4章 データ分析手法
5章 AIの制作手法
6章 AIの未来と課題

詳細はこちら

若手社員

代理販売

クラウドコンピューティング概論 3時間

クラウドコンピューティングについての定義、メリット、セキュリティ、ビジネスでの利用などの基礎知識を学習します。
また、クラウドコンピューティングを実現するための技術や代表的なクラウドサービスのプロバイダについても学習します。これから業務でクラウドサービスの運用に携わる方にもおすすめです。

はじめに
1章 クラウドの概要
2章 クラウドを構成する技術
3章 クラウド事業者
4章 クラウドのセキュリティ
5章 クラウドとビジネス

詳細はこちら

若手社員

代理販売

Azure入門 2時間45分

Microsoft Azureの概要や特徴、コンピューティングやデータ管理機能などの主な構成要素、Azureの関連サービスやAzureの代表的な利用用途について学習します。
情報系エンジニアもしくはMicrosoft Azureを初めて学習する方におすすめです。

はじめに
1章 Azureの基礎
2章 インフラ関連サービス
3章 データ関連サービス
4章 アプリ実行と開発関連のサービス

詳細はこちら

若手社員

代理販売

情報セキュリティマネジメント試験対策 7時間

機密情報を守り、ITの安全な利活用を推進する情報管理のための基礎知識を学習し、企業の情報セキュリティを確保して脅威から継続的に組織を守るための基本的なスキルの習得を目指します。
情報セキュリティマネジメント試験の受験を検討されている方におすすめです。

はじめに
1章 情報セキュリティと不正のメカニズム
2章 認証技術
3章 情報セキュリティ管理
4章 情報セキュリティ対策
5章 ネットワーク運用管理

詳細はこちら

若手社員

代理販売

これから始めるIoT知識 3時間

IoT(Internet of Things)とは何か、その用語の定義や現在の市場の動向、IoTシステムを用いた事例について理解し、IoTを支えるシステムの構成要素や各技術の概要、開発工程や保守運用などに関する基礎的な知識について学習します。これから業務でIoTに関連するシステムの開発や運用に携わる方におすすめです。

はじめに
1章 IoT概要と事例
2章 要素技術(デバイス)
3章 要素技術(ネットワーク)
4章 要素技術(サーバー)
5章 電子工作の部品
6章 開発
7章 テストとデバッグ
8章 保守・運用

詳細はこちら

若手社員

代理販売

プロジェクトマネジメント基礎 4時間

プロジェクトおよびプロジェクトマネジメントとはどういったものか、プロジェクトの中で使われる用語の意味は何か、プロジェクトを進めるために何をするのか、プロジェクトを成功させるための秘訣などの PMBOKに準拠した基礎的な知識の習得を目指します。社会人経験2~3年目程度のプロジェクト業務経験がない、あるいは一部しか関わったことのない方やプロジェクト管理の基礎的な知識を習得したい方におすすめの教材となっております。

はじめに
1章 プロジェクトとは何か
2章 プロジェクトの進め方
3章 プロジェクトに関わる人物を整理する
4章 プロジェクト開始前の準備 1
5章 プロジェクト開始前の準備 2
6章 プロジェクトのリスク管理
7章 プロジェクトの開始と管理
8章 プロジェクトを成功させるには

詳細はこちら

若手社員

代理販売

ネットワーク概論(ネットワークエンジニア基礎) 9時間50分

ダイナミックルーティング、ネットワークセキュリティ、IPV6など、IT・クラウド・ネットワークのエンジニアを目指す方にとって必須となる現代のネットワーク技術を支える重要概念を総合的に学習します。

はじめに
1章 ダイナミックルーティング
2章 VLANによるネットワークの構築
3章 ACLによるパケットフィルタリング
4章プライベート/グローバルIPアドレスの相互変換(NAT/PAT)
5章 TCP/IPプロトコルスイート
6章 ネットワークセキュリティ
7章 IPvの概要
8章スパニングツリーとイーサチャネルによるレイヤ2レベルの冗長化
9章 OSPFによるダイナミックルーティング
10章 EIGRPによるダイナミックルーティング
11章 WAN
12章 VPN
13章 無線LAN

詳細はこちら

若手社員

代理販売

3DCADエンジニアの基礎知識 7時間40分

3DCADの機能的な特徴や、3DCADでモデリングをする際の注意点、CADを扱う上で必要なハードウェアやソフトウェア、ネットワークの知識、CAE・CAMの概要、工作機械の種類や用途、NC加工の流れといった機械設計に必要な知識の習得を目指します。

はじめに
1章 3次元CAD概論
2章 3次元モデリングにおける注意点
3章 データ交換
4章 3次元CADの表示技術
5章 コンピュータ
6章 3次元CAD周辺知識2 - ソフトウェアとネットワーク
7章 CAE概論
8章 CAM概論
9章 RP概論
10章 RE概論
11章工作機械による加工

詳細はこちら

若手社員

代理販売

機械設計&製図理論(応用編) 7時間10分

応用編では、応用的な製図のルールや知識の習得をし、また機械に用いられる材料やさまざまな機械要素の仕組みや役割、機械の成形・加工方法など、機械設計に関する幅広い知識の習得を目指します。機械設計や製図理論の応用を学習したい方におすすめします。

はじめに
1章 寸法公差
2章 はめあい公差
3章 幾何公差
4章 表面性状
5章 機械に用いる材料
6章 機械要素(前編)
7章 機械要素(後編)
8章 外力による成形
9章 切削による成形
10章 溶接・鋳造による成形
11章 3DCADの利用

詳細はこちら

若手社員

代理販売

ネットワーク概論(ネットワーク入門) 4時間10分

IPアドレスやイーサネット、OSI参照モデルと、関連するプロトコルなどのIT・ネットワークエンジニアを目指す方にとって必須となるネットワークの基礎知識を総合的に学習します。

はじめに
1章ネットワークの基礎
2章イーサネット
3章 IPアドレス
4章イーサネットLAN構築のための機器

詳細はこちら

若手社員

代理販売

機械設計&製図理論(基礎編) 10時間30分

機械設計とは何か、その目的や業務の流れ、材料の性質や力学など、設計業務に携わるために必要な基礎的な知識の習得を目指します。
また、図面作成の内容や書き方、JIS規格に基づいた製図のルールなど、機械製図を理解するために必要な知識の習得も目指します。

はじめに
1章 機械設計とは
2章 機械設計に必要な知識
3章 機械設計のための力学
4章 機械設計の流れ
5章 製図の目的と規格
6章 製図用紙の様式
7章 線の種類と文字
8章 図面の尺度
9章 投影法
10章 線の使用方法
11章 投影図
12章 断面図
13章 その他の表現方法
14章 部品の表現方法
15章 寸法の定義
16章 寸法の配置
17章 寸法記入方法(前編)
18章 寸法記入方法(後編)

詳細はこちら

若手社員

30分でわかる! 仕事と介護の両立 30分

本教材では、育児・介護休業法を軸に、「仕事と介護の両立」を実現するためのポイントや、各種支援制度、介護保険制度などについて確認し、働きながら介護を行うための方法についておよそ30分で理解を深めることができます。

はじめに
第1章 STOP!介護離職
第2章 仕事と介護の両立に必要なこと
第3章 仕事と介護の両立支援制度
第4章 介護保険制度の基礎知識
おわりに

詳細はこちら

若手社員

情報セキュリティのエッセンス(2020版) 45分

コンピュータやインターネットの利便性を悪用するサイバー犯罪は年々増加しています。本教材では、企業で働く一般従業員の方を対象に、コンピュータに関する情報セキュリティの基本的な知識と、具体的な対策について学習します。日本語・英語・中国語(簡体字)の3言語対応です。

言語選択
はじめに
第1章 情報セキュリティの基礎
第2章 情報セキュリティ対策の実践
まとめ
確認テスト
おわりに

詳細はこちら

若手社員

代理販売

ITパスポート試験対策 テクノロジ分野(後編) 6時間

IT全般に関する基礎知識や、情報セキュリティに関する規定・法規を習得するとともに、社会人として企業活動を行う上で必要な経営や組織に関する知識や、業務上の問題を把握し解決するための分析手法、システム化の支援を行う上で必要な運用知識などの習得を目指します。
ITパスポート受験レベルの知識習得を想定しています。
この教材では特にテクノロジ分野を学習します。
テクノロジ分野では、アルゴリズムやネットワーク、セキュリティなどのIT技術を学習します。

はじめに
5章 ソフトウェア
6章 ヒューマンインターフェイス
7章 マルチメディア
8章 ネットワーク
9章 セキュリティ

詳細はこちら

若手社員

代理販売

基本情報技術者試験対策 テクノロジ分野 応用 7時間40分

IT全般や情報セキュリティに関する技術的な知識を学ぶとともに、情報システムやプロジェクトの設計・開発・運用に関する知識や、企業活動や経営に必要な会計、法務、マーケティングなどのビジネス全般の知識などを体系的、網羅的に習得することを目指します。
基本情報技術者試験(午前試験)受験レベルの知識習得を想定しています。
この教材ではテクノロジ分野の応用を学習します。
テクノロジ分野応用では、ネットワークやセキュリティ、システム開発技術などのIT技術の応用知識を学習します。

はじめに
1章 マルチメディア
2章 ネットワーク
3章 セキュリティ
4章 システム開発技術(前編)
5章 システム開発技術(後編)

詳細はこちら

若手社員

代理販売

ITパスポート試験対策 テクノロジ分野(前編) 5時間30分

IT全般に関する基礎知識や、情報セキュリティに関する規定・法規を習得するとともに、社会人として企業活動を行う上で必要な経営や組織に関する知識や、業務上の問題を把握し解決するための分析手法、システム化の支援を行う上で必要な運用知識などの習得を目指します。
ITパスポート受験レベルの知識習得を想定しています。
この教材では特にテクノロジ分野を学習します。
テクノロジ分野では、アルゴリズムやネットワーク、セキュリティなどのIT技術を学習します。

はじめに
1章 基礎理論
2章 アルゴリズムとプログラミング
3章 コンピューターの種類と構成要素
4章 システム構成要素

詳細はこちら

若手社員

代理販売

品質管理基礎 QC検定3級対応 11時間

品質管理に関する基礎知識を網羅的に学習します。品質管理検定(QC検定)3級レベルの内容で、これから社会人になられる方や社会人1年目の方に最適です。また、社会人経験2~3年目程度のプロジェクト業務経験がない、あるいは一部しか関わったことのない方や、プロジェクト管理の基礎的な知識を習得したい方にもおすすめです。

はじめに
1章 品質管理・QC的ものの見方・考え方 その1
2章 品質管理・QC的ものの見方・考え方 その2
3章 品質の概念
4章 品質管理の方法
5章 品質保証と新製品開発
6章 品質保証とプロセス保証
7章 品質経営の要素:方針管理と日常管理
8章 品質経営の要素:標準化・人材育成・品質マネジメントシステム
9章 品質管理のためのデータ
10章 QC七つ道具
11章 新QC七つ道具
12章 管理図

詳細はこちら

若手社員

代理販売

基本情報技術者試験対策 テクノロジ分野 基礎 8時間30分

IT全般や情報セキュリティに関する技術的な知識を学ぶとともに、情報システムやプロジェクトの設計・開発・運用に関する知識や、企業活動や経営に必要な会計、法務、マーケティングなどのビジネス全般の知識などを体系的、網羅的に習得することを目指します。
基本情報技術者試験(午前試験)受験レベルの知識習得を想定しています。
この教材ではテクノロジ分野の基礎を学習いたします。
テクノロジ分野基礎では、情報基礎理論やコンピュータの構成、ソフトウェアなどのIT技術の基礎知識を学習いたします。

はじめに
1章 情報基礎理論(前編)
2章 情報基礎理論(後編)
3章 コンピュータ構成要素
4章 システム構成要素
5章 ソフトウェア
6章 ヒューマンインターフェイス

詳細はこちら