電話での問い合わせ

導入相談などお気軽にお問い合わせください

03-5213-7370 受付時間 平日 10:00〜17:00

お問い合わせ

研修管理機能

研修管理のシステム化で
オートメーションとデータ管理を実現

現在でも、企業の人材育成の多くは集合研修の方式で実施されています。
そして、集合研修の各種調整作業で業務が圧迫されている担当者の方も多いのではないでしょうか。
統合型LMS「CAREERSHIP®」の「研修管理機能」は、面倒な作業をオートメーション化し、
また、しっかりと受講履歴を管理することで研修にまつわる様々な課題を解決します。

受講者のメリット

使いやすさを重視した研修管理機能

CAREERSHIP®の研修管理機能のページには、自分に公開されている集合研修の情報やそのステータスが一覧で集約されているので、集合研修の情報をいちいち自分から探しに行く必要がありません。

また、全ての集合研修に「推奨」「必須」などの重要度が表示されているので、「受けられる」研修か「受けるべき」研修かが一目でわかります。

システム上で簡単に参加申請~内容確認

集合研修一覧ページから、簡単に参加申請ができます。
また、集合研修の内容や、持ち物、開催場所、研修を受けるにあたっての条件などの詳細は、システム上で確認することができるため、メールを一通ずつ開封・確認して申請する必要はありません。

集合研修一覧ページの中で申請から研修内容の確認まで、すべてが完結します。

研修の情報を外部カレンダーへ自動で同期

集合研修のスケジュールを外部カレンダー(Googleカレンダー・Microsoft Outlookカレンダー)へ同期することができます。
集合研修のスケジュール管理を受講者自身で行う手間がなくなり、研修への参加し忘れなども防げます。

また、管理者が集合研修の内容を変更・削除した場合も、外部カレンダーへ自動で反映されるため、受講者の確認漏れも防ぐことができます。

※有償オプションとなります

WEB会議システムとの連携も可能

外部のWEB会議システムや動画配信システムとCAREERSHIP®を連携することで、ライブ/オンライン研修も、他のeラーニングや集合研修と同様にLMS上で管理することができます。

連携の具体的なメリットは以下の通りです。
・自社で利用しているWEB会議システムをそのまま利用できる
・参加者を選抜したり公募したりできる(申請承認フローの設定)
・参加者への案内やリマインドを自動化できる
・簡単な出欠管理ができる
・WEB会議システム側で録画した動画を、LMS上で欠席者に事後配信できる
・オンライン研修前後にテスト、アンケート、レポートを提出させることができる
・LMS上の受講者画面には、自身が参加できるオンライン研修のみが表示されるため、簡単に参加できる

重複申請制限

集合研修が同じ日時で重複して申請されないよう、自動で制御されます。

事前配布資料のダウンロードも可能

事前確認が必要な資料があれば、システム上からダウンロードすることができます。

管理者のメリット

自動メールで研修管理を効率化

集合研修管理で最も時間と手間がかかるのが受講者へのメール配信です。
CAREERSHIP®の研修管理機能では、研修の案内やリマインドメールを自動で一斉送信できます。送信対象者を一人ひとり宛先へ追加する手間がありません。

また、「未申請者のみを対象に研修開始●日前の●時にリマインドメールを送信する」など、ステータスに応じた自由な配信設定も可能です。

たくさんの研修をCSVで一括登録

複数の研修と、それに付随する対象者、案内・リマインドなどのメール、研修終了後の出欠・成績などの情報を、システム上での手動登録だけでなくCSVファイルから一括で登録することができます。

集合研修が開催されるたびに内容を登録したり、受講者一ひとりの成績をExcelで管理したりするなどの手作業が不要になります。

申請/進捗管理もシステム上で

研修ごとに各ユーザの申請状況や、成績が一覧化され、「未申請」「受講可」「合格」「不合格」「欠席」といったわかりやすいステータス表示がされます。

CAREERSHIP®の「コース管理機能」と組み合わせると、「不合格者にのみ課題提出を求める」など、ステータスによって学習の流れに変化をつけても簡単に管理できます。

事前に細かい要件も把握

事前に受講者へ確認したい要件を、質問項目として5つまで設定することができます。
宿泊や弁当の要否を確認したり、研修申込の動機を聞いて受講者選定の参考にするなど、様々な利用シーンがあります。

事前・事後のアンケートやレポート提出も簡単に設定

CAREERSHIP®の「アンケート/レポート機能」と組み合わせることで、集合研修の前後にアンケート/レポート提出を行うことができます。
インプットとアウトプットをセットで行うことにより、集合研修で学んだ知識を深く定着させることができます。