LMS(学習管理システム)とは -eラーニングに欠かせないシステムを徹底解説-

「eラーニングを実施するにはLMSが必要と聞いたけど、LMSってなに?」

企業の人材育成において、2000年代前半から徐々にeラーニングが活用されるようになってきましたが、2020年、新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るって以降、eラーニングへの注目はさらに高まりました。
特に日本では「集合研修」を重視し、eラーニングはあくまでその補完と考えている企業も多かったのですが、その状況が明確に変わってきています。

そして、eラーニングへの注目の高まりに伴って、eラーニングを配信するシステムであるLMSへの関心も高まってきました。

しかし、eラーニングとLMSの関係性については、いまいちよくわからないという声が多く聞かれます。

そもそも「eラーニング」をざっくりと言うと、「インターネットを活用した学習手法」です。その定義に従うと、例えば動画共有サイトにレクチャー動画を投稿してシェアしたり、ウェブ会議ツールで講義を行ったり、クラウド環境にマニュアルを保管したりなど、eラーニングに活用できるインターネット上のサービスやシステムは無数にあります。しかし、LMSが優れている点は、それらのシステムではできない、下記のような組織として戦略的にeラーニングを行っていく際に必要な「管理」ができることです。

・教材を適切なタイミングで届けたい人にだけ届ける
・一人一人の学習状況を可視化する
・複数の教材をコース化して計画的に実施させる

このコラムでは、そんなLMSについて、「なぜ必要か」や「どんな種類があるか」などの基本的なことから、「導入の流れ」や「選定のポイント」まで、網羅的に解説します。全体は2つのパートに分かれているので、初めての方は「入門」から、すでに基礎知識をお持ちの方は「発展」からお読みいただければと思います。

「全文読む時間がない」という方は、クリックして必要な箇所のみご覧ください

入門:LMSに関する基本的な情報をまとめています

1. LMSの意味とメリット
2. LMSの機能
3. LMSの使い方
4. LMSの種類
5. LMSの費用

発展:実際にLMSの導入を検討したい方向けに、少し深く掘り下げた内容です

6. LMSの導入方法・選び方
7. CAREERSHIP®が選ばれる理由


1.LMSの意味とメリット ~なぜeラーニングにLMSが必要なのか~

この章では、eラーニングを実施するうえで、なぜLMSが必要なのかを解説します。

1-1.LMSがなくてもeラーニングはできる?

日本eラーニングコンソーシアムの定義によると、eラーニングは「パソコンとインターネットを中心とするICT技術を活用した教育システム」の総称です。

そのため、専用の特別なシステムがなくても、eラーニングは実施することができます。例えば次のような方法が考えられます。

・教材テキストをメールで送付する
・インターネット上の共有フォルダに教材動画を格納し、各自が閲覧する
・YouTubeで教材動画を限定公開し、各自が閲覧する
・ウェビナーツールでオンライン研修を実施する、など

これらは全てeラーニングと言えますが、こういった「LMSを利用しないeラーニング」を体系的に実施していこうとすると、いくつもの壁にぶつかります。

1-2.LMSが実現できること

では、LMSを使った場合のeラーニングとはどのようなものなのでしょうか。LMSを使うメリットは様々ありますが、ここでは代表的な3つのポイントをお伝えします。

 

ポイント①

特定の人に好きなタイミングで受講させられる

LMSは、システムの中に受講者一人一人の基本情報を持っています。そのため、「このeラーニング教材を、この条件の人に、この日時に配信する」といった設定が簡単にできます。さらに、LMSを使うと、例えば「入社して1週間後にビジネスマナーのeラーニング教材を配信する」といった教育運用の自動化をすることができ、どんどん教育のDX推進ができます。

 

ポイント②

学習の進捗状況をリアルタイムで可視化できる

LMSは「学習管理システム」という名の通り、誰が学習を完了しているかはもちろんのこと、いつ着手したか、eラーニングコンテンツのどこまで進行しているか、テストの点数は何点だったかなど、細かく状況を把握し、管理できることが最大の強みです。これに伴い、未完了者に自動的にリマインドメールを送るなどの施策も可能です。
既存の動画配信プラットフォームなどでは、全部で何回視聴されたかといったデータは取れても、誰がきちんと学習を完了させているかを把握することができません。

 

ポイント③

あらゆる学習の履歴を確実に残せる!

LMSはeラーニングの受講履歴はもちろん、集合研修などの参加履歴やレポートの提出履歴など、学習に関するあらゆるデータをシステム内に記録しておくことができます。
これによって、LMSはある意味「学習に特化した人材データベース」と考えることもでき、それらのデータは、近年、人材の能力を可視化して効率的に活用する「タレントマネジメント」に活用されるケースも多くなっています。

 

以上のような問題点は、単発のeラーニング研修を一度行うだけであればそれほど気にする必要はないかもしれません。しかし、人材育成計画に基づいて中長期的に実施していく場合や、研修のPDCAを回したい場合、あるいは学習状況を人事評価などの制度と結び付けたい場合など、人材育成を戦略的、効率的に実施しようと思うと、かなりクリティカルな問題になり得ます。

よって、eラーニングのメリットを最大限に発揮するためには、LMSはなくてはならないシステムだといえるのです。

1-3.LMSのeラーニング以外のメリット

ここまでは、LMSがもたらすeラーニングに関するメリットをお伝えしました。しかし、LMSを導入するメリットは、eラーニング以外にもいろいろとあります。
次章で詳しく記載しますが、近年のLMSは単にeラーニングを配信するだけのシステムではなく、組織内の学習のプラットフォームとして、あらゆる学習を統合的に管理するシステムへと進化しています。

そのため、例えば

・集合研修の管理をシステム化できる
・集合研修とeラーニングを組み合わせて研修コースを作成できる
・レポートの提出やアンケートの改修も同一システム上で完結させられる
・互いに学びあう「ソーシャルラーニング」を仕組化できる
・従業員のスキル習得状況と学習を紐づけられる

など、人材開発に関する様々なメリットを得ることができるのです。

それらの内容も含めて、LMSを使うことのメリットをもっと知りたい方はコチラの記事をご覧ください

eラーニング配信なら
「CAREERSHIP®」

CAREERSHIP

上場企業売上高ランキング上位100社のうち
47%*の導入実績!

eラーニングにおいて最も重要である「誰に・いつ・何を」配信し、「誰が・どう」管理するかについて、大企業の膨大なアクセスや複雑な組織形態、多様な教育施策に対応できる数少ないシステムです。

*2021年4月現在、グループ会社を含む、当社調べ

[▲目次へ]

2.LMSの機能 ~eラーニングを含む学習の全てを集約できる~

 

第1章では、eラーニングを実施するうえでLMSがあると様々な面でメリットがあることを解説しました。この章では、それらのメリットを生み出せるLMSの機能についてより詳しく解説します。

 

2-1.eラーニング機能

LMSの主たる機能は、何といってもeラーニングを配信・受講する機能です。これは、ざっくり言うと、「eラーニング教材」を「指定した受講者」に「指定した期間」に配信し、受講させる機能です。ただし、単にeラーニング機能といっても、様々な施策に対応でき、かつ効率や利便性を向上させるための仕組みがたくさんあります。

 

①自動配信:対象や日時など条件を指定しておくと、自動で配信できる。

②動画配信:動画教材を配信できる。インターネット上で閲覧できダウンロード不要な「ストリーミング配信」が一般的。

③承認設定:eラーニングを受講する場合に承認者を設定することができる。

④期限管理:eラーニングを特定の期間しか受けられないようにすることができる。

⑤セキュリティ:任意のeラーニングについて、特定の環境下でしか受講させない設定ができる。

⑥スマホ・タブレット対応:多くのLMSがパソコンで見てもスマホで見ても最適な見た目になる「レスポンシブデザイン」を実装している。

⑦レコメンド:一部のLMSにおいて、受講者の職種や受講状況などのデータから、最適なeラーニング教材をおすすめすることができる。

2-2.管理機能

LMSにおいて、eラーニング機能とタイヤの両輪にあたる機能が「管理機能」です。LMSがeラーニングのメリットを最大化できるのは、この管理機能が備わっているからと言っても過言ではありません。

 

①ユーザー管理:LMSに受講者となるユーザーを登録できる。

②組織管理:LMSの中に企業の組織図を再現し、ユーザーである社員を紐づけることができる。

③グループ管理:既定の組織とは別に任意のグループを設定することができる。

④進捗管理:個々人の学習の進捗状況を確認することができる。

⑤成績管理:個々人のテストの成績などを確認することができる。

⑥履歴管理:直近の学習結果だけではなく、その社員がこれまでにどのような学習を実践してきたかの履歴を確認することができる。

2-3.eラーニング以外の学習関連機能

近年、LMSの中にはeラーニング以外の機能を充実させ、組織内におけるあらゆる学習を管理できる「学習のプラットフォーム」へと進化しているものもあります。では、eラーニング以外にどのような機能があるのか、例として、ライトワークスのLMS「CAREERSHIP®」が備えている機能をご紹介します。

 

①研修管理機能:集合研修の管理をすることができる機能です。

詳しく見る ▶ CAREERSHIP®の研修管理機能

②アンケート・レポート機能:LMS上でアンケートをとったり、レポートを提出させたりできる機能。

詳しく見る ▶  CAREERSHIP®のアンケート・レポート機能

③コース管理機能:eラーニングや集合研修、アンケートなど、複数ある学習コンテンツを1つのコースとしてパッケージ化することができる機能。

詳しく見る ▶  CAREERSHIP®のコース管理機能

④教材制作機能:パワーポイントやエクセル、動画などの素材を基に、eラーニング教材を制作することができる機能。

詳しく見る ▶  CAREERSHIP®の教材作成機能

⑤社内SNS機能:社員のみが使用できるSNSのようなコミュニケーション機能。

詳しく見る ▶  CAREERSHIP®のルーム(社内SNS)機能

⑥タレントマネジメント機能:従業員のスキルを定義して可視化する機能や、従業員の経歴や所有資格等の情報を一元管理できる機能。

詳しく見る ▶  CAREERSHIP®のスキル管理機能

詳しく見る ▶  CAREERSHIP®のキャリアカルテ機能

LMSの機能について、もっと詳しく知りたい方はコチラの記事をご覧ください。

eラーニング配信なら
「CAREERSHIP®」

CAREERSHIP

上場企業売上高ランキング上位100社のうち
47%*の導入実績!

eラーニングにおいて最も重要である「誰に・いつ・何を」配信し、「誰が・どう」管理するかについて、大企業の膨大なアクセスや複雑な組織形態、多様な教育施策に対応できる数少ないシステムです。

*2021年4月現在、グループ会社を含む、当社調べ

[▲目次へ]

 

3.LMSの使い方 ~LMSは実際どのようなシーンで使われているのか~

 

LMSは、導入された企業において、実際にどのように使用されているのか、イメージを具体的に持っていただけるように、第3章では使い方について解説していきます。

3-1.LMSは大きく3つのステップで使う

これまでに述べたように、最近のLMSは多機能なものも多いので、使い方も多様ですが、あえて極端に単純化すると、使い方は以下の3ステップで表すことができます。

①ユーザーを登録する
②eラーニング教材(コンテンツ)を登録する
③ユーザーにeラーニング教材を配信する

なお、この3ステップはeラーニング機能で説明をしていますが、他の学習機能を使ったとしても基本的には同様の考え方になります。集合研修やアンケートなどのコンテンツを登録し、それをユーザーと紐づけていきます。

3-2.LMSの活用シーンは多種多様

繰り返しになりますが、LMSは単なるeラーニング配信システムの枠を超えて、「学習のプラットフォーム」になってきていることから、組織的に学習を行うあらゆるシーンで活用されています。

こちらに、主なシーンを列記しました。貴社に当てはまるものも、きっと見つかるのではないでしょうか。

 

①企業が社員に教育を行う


-全社研修
:コンプライアンス教育や情報セキュリティ教育など、職種や年次などに関わらず全社員を対象とした学習。特に規模の大きな組織ではLMSなしでの運用は困難。海外の現地法人に向けて、言語対応や海外への配信が可能なLMSも。

 

-新入社員研修
:新入社員が入社後の一定期間に行う学習。2020年には、新型コロナウイルスの影響で急遽新入社員研修をオンライン化した企業も多かったが、eラーニングならではの「何度でも復習できる」といった特性がうまく作用し、「例年よりも理解度が高まっていた」という声も聞かれた。

 

-階層別研修・管理職研修
:社員のキャリアの区切りとなるタイミングで行う学習。発展的な内容であることも多いため、LMSを活用し、eラーニングとグループワークなどを組み合わせた「ブレンディッドラーニング」を実践する企業も。

関連 ▶  ブレンディッド・ラーニングとは 研修とeラーニングのうまい組合せ方

 

-自律学習
:社員が自身に必要だと思うテーマについて、自発的に行う学習。企業が福利厚生的な観点から学習環境を整えるためにLMSを導入するケースも。

 

②企業が社員以外に教育を行う


-パート・アルバイト
:全国に店舗を展開している場合でも、LMSを用いることで、全国一律の教育をほぼ自動化して行うことができる。

 

-子会社
:LMSによって、全社共通の施策を講じたり、個社独自の施策を行ったりといった対応が可能。各企業で独自のシステムを採用すると、一元管理が困難なケースも。

 

-代理店・顧客
:LMSを用いると、組織を超えて、異なる企業の人々を教育することが可能。

関連 ▶  オークマ株式会社がユーザー向けトレーニングスクールを一部eラーニング化

 

③教育機関が学生に教育を行う


-学校
:LMSを採用し、授業のオンライン化を進めるケースも。「企業向けLMS」と「学校向けLMS」は求められる要件が異なるため、選定の際には注意が必要。

 

-教育サービス事業者
:学校以外の教育サービス、特に大人向けの有償教育サービスにおいて、LMSが導入されるケースが多い。

各業界における人材育成の課題と解決方法をまとめた事例集

各業界における人材育成の課題と解決方法をまとめた事例集

[▲目次へ]

4.LMSの種類

 

5.LMSの費用

 

LMSを導入するうえで、何といっても気になるのはコストがどのくらいかかるかということだと思います。
この章では、LMSを導入、運用した場合に発生するコストに関してまとめました。(なお、こちらは基本的に「クラウド型」を前提としています。)

5-1.イニシャル費用

初期セットアップ費用
:LMSを導入企業が使えるようにするためには、その企業用の「専用WEBサイト」を立ち上げるようなイメージで、そのためには基本的に初期コストがかかります。

導入サポート費用
:この費用はベンダーによってある場合とない場合があると思います。特に多機能なLMSは初期の設定が複雑であったり、慣れるまでに入念なレクチャーが必要であったりしますが、その部分をベンダー側がサポートのメニューとして設定している場合があります。

システム連携費用
:他の人事システム等とLMSをシステム連携させる場合、その設定のために費用がかかります。この費用感はベンダーによってまちまちですが、ライトワークスでは、開発無しで安価に実装できる汎用プログラムも用意しており、これまでに数多くの連携実績を持っています。

カスタマイズ開発費用
:独自の機能等を付与したい場合に発生する費用です。コストは開発内容によって大きく異なりますが、大きな開発はコストも時間も要することから、それよりは、既存の機能で対応できるLMSを探したり、既存のシステムに合わせて運用体制を見直したりするなど、開発以外の方法も同時に検討することをお勧めします。

5-2.ランニング費用

システム使用料
:LMSを利用するための費用ですが、方法はベンダーによって異なります。以下に、代表的な例を記載します。

-ID数=LMSに登録されているID数(ユーザー数)によって一律に発生する
-同時アクセス数:同時にアクセスできる上限人数の設定により費用が変動する
-重量課金:その月に使用したID数の実数に応じて費用が変動する

ディスク使用料
:LMS上には動画やeラーニング教材など、様々なデータを保管しますが、その容量によって課金される場合があります。

5-3.その他の費用

eラーニング教材の調達にかかる費用
:LMSを用意したら、当然eラーニング教材も用意する必要があります。eラーニングを用意する方法は、大きく分けて3つあります。

①既にある汎用教材を購入する
②自社で作成する(eラーニング作成ツールを導入する)
③制作会社にオリジナル教材の制作を委託する

いずれにしてもコストは発生しますが、例えばライトワークスのように、LMSに加えて上記3種類のいずれにも対応するサービスを持っている場合には、全てを異なるベンダーに委託するよりもコストの管理、調整などがしやすいため、LMSベンダーを選定する際には、eラーニング教材を自前で持っているかという観点も持っておきましょう。

運用サポートに関する費用
LMSは、導入してからいかに運用するかが重要であるため、サポートメニューの充実とコスト感は、ベンダー選定のうえでチェックしておいた方がいいポイントと言えます。なお、ライトワークスでは登録などの作業を委託できるBPOサービスを提供しています。




\ 1分でできる! /
LMSのカンタン見積りをとる

[▲目次へ]

6.LMSの導入方法・選び方

 

LMSを実際に導入しようとした場合、どのような流れで進めていけばよいのでしょうか。この章では、その具体的手順についてまとめました。

6-1.ベンダー選定

世の中にLMSは多数あります。それぞれに特徴やコストなどが異なるため、まずは自社の状況に即した最適なシステムと、それを提供するベンダーを選定することが必要です。

情報収集
:まずは、何はなくとも情報収集をしましょう。ここで注意が必要なのは、社内と社外それぞれを対象に情報を集めることです。

社内については、今現在どのような教育が行われており、そこにどのような課題があるか、あるいは人材開発部門として、どのような未来像を描いているかなどの情報が重要で、ここが曖昧だと、選定の際の判断基準が曖昧になってしまいます。

社外からの情報収集は、本コラムのような記事も活用いただければと思いますが、やはり一番わかりやすいのはベンダーに直接話を聞くことです。各ベンダーから、その会社のシステムの話しだけでなく、業界の情報も聞いていくと、全体像を理解できると思います。主要なベンダーについては、下記の記事をご参照ください。

関連 ▶  企業向けLMS徹底比較!Web公開情報から真摯に調べた情報まとめ(2021)

 

企画立案/予算申請
:収集した情報をもとに、企画を立案し、予算を申請・確保します。このとき、「機能要件リスト」を作成することをお勧めします。自社に必要な機能をリスト化することで、ベンダーとのコミュニケーションがしやすくなり、また、検討モレを防ぐことができます。

LMS(eラーニング)機能要件リストをご提供

RFP(提案依頼書)作成時にも役立つ
機能要件リスト

これまで1,500社以上のLMS(eラーニング)導入に関わってきたライトワークスが、選定時に確認すべき代表的なポイントをリスト化しました。ぜひご活用ください。

 

ベンダーの選定
:企画や予算が固まったら、ベンダーに「提案依頼書(RFP)」等で提案を依頼します。なお、選定にあたっては、LMSの機能やコストだけでなく、サポート体制や自前のeラーニング教材の有無など、このコラムで触れた様々な要件を多角的にとらえながら、比較していただくと、導入後のトラブルを避けることができます。

ベンダー選定の方法についてもっと詳しく知りたい方は、下記の記事もご参照ください。

6-2.導入準備

ベンダー選定が完了したら、いよいよ導入に向けた準備を始めます。

契約締結
:契約書については、各ベンダーが雛形を用意していると思いますので、提供を依頼しましょう。

環境構築
:契約締結が完了したら、LMSを使って教育施策を展開するための環境構築を行います。具体的には、ベンダーに要件を伝え、自社専用のサイトを開設してもらうステップです。

運用準備
:運用設計とは、LMSに登録する内容やその管理方法などを決め、それを実現するための設定を行う作業で、具体的には管理者に付与する権限の設定や、パスワードポリシーの設定などを行います。

運用開始
:従業員に利用案内を行い、運用を開始します。
なお、利用案内にもLMSを活用できます。ライトワークスのLMS「CAREERSHIP®」では、教材の配信開始日時に合わせてメール配信を予約することができるため、メールに自社専用サイトのURLとアカウント情報を記載することで利用案内とすることができます。

 

運用開始までの流れをもっと詳しく知りたい方は、下記の記事もご参照ください。

7.CAREERSHIP®が選ばれる理由

 

ライトワークスのLMS「CAREERSHIP®」は、従業員1,000名以上のエンタープライズ企業の利用を前提に設計・開発された統合型のシステムです。トヨタ自動車様やアサヒグループホールディングス様、JTB様など日本有数の大企業が学習のプラットフォームとしてCAREERSHIP®を採用し、今では上場企業売上TOP100社のうち47%にご利用いただいています。

7-1.多くの企業がLMSで失敗をしている

事実として、CAREERSHIP®を導入されるお客様のうち、7割以上は既に他社のLMSを導入していたものの使い勝手や性能に満足できず、CAREERSHIP®に乗り換えたというデータがあります。

これはすなわち、残念ながら、多くの企業が自社にそぐわないLMSを仕方なく使っているということを意味します。一方、CAREERSHIP®の契約継続率は97%以上を誇り、多くのお客様にご満足いただいています。

ビジネス環境の変化スピードがますます高まる現代において、従業員の学習環境を整え、育成していくことは企業の競争力に直結する重要課題です。そして、あらゆる分野でDX化が叫ばれる中、人材育成においても、最適なシステムによって、最適な環境をつくりだす必要があるにもかかわらず、システムが思うように活用されない状況は大きな損失であると言えます。

7-2.3つのコアパフォーマンスで人材育成を加速

CAREERSHIP®は、主に次の3つの理由により、数々のエンタープライズに選ばれています。

①柔軟な「配信・権限管理」
CAREERSHIP®は、LMSの基本的な機能と言える「誰に・いつ・何を」配信し、「誰が・どう」管理するかを、とても柔軟に設定することができます。一見あたり前のように見えますが、多くのLMSでは、エンタープライズの複雑な組織形態や様々な教育施策に合わせて柔軟に設定することができません。あたり前の機能であるからこそ、ライトワークスでは論理的に細かい利用シーンを想定して徹底的に作り込み、多くのエンタープライズの要求に応えられるまでに高い水準のシステムとなっています。

②統合型システムとしての「発展性」
4.LMSの種類」でも述べましたが、CAREERSHIP®はeラーニングだけでなく、研修管理機能やアンケート/レポート機能など、企業内での学習に必要な様々な機能を兼ね備えています。それに加えて、従業員のスキルを定義して可視化する「スキル管理機能」や、従業員の経歴や所有資格等の情報を一元管理できる「キャリアカルテ機能」といったタレントマネジメントに活用できる機能もあり、単なる学習管理を超えた、より発展的な戦略に活かせるシステムになっています。

③開発不要な「システム連携」
3.LMSの使い方」でも登場した他の人事システムとの連携について、従業員数の多いエンタープライズにおいてはほとんど必須といっていい条件になります。しかし、こちらについてもベンダーによってスキルや経験値の差は歴然で、他社で無理と言われた連携をライトワークスでは簡単に実現できたということも珍しくありません。ライトワークスでは、開発無しで安価に実装できる汎用プログラムも用意しており、これまでに数多くの連携実績を持っています。

 

ぜひ、CAREERSHIPを貴社の人材育成にお役立てください。



[▲目次へ]

eラーニング大百科

教育担当がこっそり開く
パーフェクトガイドeBook

ライトワークスが20年で1,500社の教育課題に取り組み、培ってきた人材開発や教育のノウハウをご提供します。
・eラーニングの運用を成功させる方法
・簡単に魅力的な教材を作る方法
・失敗しないベンダーの選び方

など、eラーニングを成功させるための具体的な方法や知識を全70ページに渡って詳細に解説しています。

無料eBookをダウンロードする