新人・若手教育

ITパスポート試験対策 テクノロジ分野(後編)

ITパスポート試験対策 テクノロジ分野(後編) 6時間

IT全般に関する基礎知識や、情報セキュリティに関する規定・法規を習得するとともに、社会人として企業活動を行う上で必要な経営や組織に関する知識や、業務上の問題を把握し解決するための分析手法、システム化の支援を行う上で必要な運用知識などの習得を目指します。
ITパスポート受験レベルの知識習得を想定しています。
この教材では特にテクノロジ分野を学習します。
テクノロジ分野では、アルゴリズムやネットワーク、セキュリティなどのIT技術を学習します。

はじめに
5章 ソフトウェア
6章 ヒューマンインターフェイス
7章 マルチメディア
8章 ネットワーク
9章 セキュリティ

詳細はこちら

基本情報技術者試験対策 テクノロジ分野 応用

基本情報技術者試験対策 テクノロジ分野 応用 7時間40分

IT全般や情報セキュリティに関する技術的な知識を学ぶとともに、情報システムやプロジェクトの設計・開発・運用に関する知識や、企業活動や経営に必要な会計、法務、マーケティングなどのビジネス全般の知識などを体系的、網羅的に習得することを目指します。
基本情報技術者試験(午前試験)受験レベルの知識習得を想定しています。
この教材ではテクノロジ分野の応用を学習します。
テクノロジ分野応用では、ネットワークやセキュリティ、システム開発技術などのIT技術の応用知識を学習します。

はじめに
1章 マルチメディア
2章 ネットワーク
3章 セキュリティ
4章 システム開発技術(前編)
5章 システム開発技術(後編)

詳細はこちら

ITパスポート試験対策 テクノロジ分野(前編)

ITパスポート試験対策 テクノロジ分野(前編) 5時間30分

IT全般に関する基礎知識や、情報セキュリティに関する規定・法規を習得するとともに、社会人として企業活動を行う上で必要な経営や組織に関する知識や、業務上の問題を把握し解決するための分析手法、システム化の支援を行う上で必要な運用知識などの習得を目指します。
ITパスポート受験レベルの知識習得を想定しています。
この教材では特にテクノロジ分野を学習します。
テクノロジ分野では、アルゴリズムやネットワーク、セキュリティなどのIT技術を学習します。

はじめに
1章 基礎理論
2章 アルゴリズムとプログラミング
3章 コンピューターの種類と構成要素
4章 システム構成要素

詳細はこちら

品質管理基礎 QC検定3級対応

品質管理基礎 QC検定3級対応 11時間

品質管理に関する基礎知識を網羅的に学習します。品質管理検定(QC検定)3級レベルの内容で、これから社会人になられる方や社会人1年目の方に最適です。また、社会人経験2~3年目程度のプロジェクト業務経験がない、あるいは一部しか関わったことのない方や、プロジェクト管理の基礎的な知識を習得したい方にもおすすめです。

はじめに
1章 品質管理・QC的ものの見方・考え方 その1
2章 品質管理・QC的ものの見方・考え方 その2
3章 品質の概念
4章 品質管理の方法
5章 品質保証と新製品開発
6章 品質保証とプロセス保証
7章 品質経営の要素:方針管理と日常管理
8章 品質経営の要素:標準化・人材育成・品質マネジメントシステム
9章 品質管理のためのデータ
10章 QC七つ道具
11章 新QC七つ道具
12章 管理図

詳細はこちら

基本情報技術者試験対策 テクノロジ分野 基礎

基本情報技術者試験対策 テクノロジ分野 基礎 8時間30分

IT全般や情報セキュリティに関する技術的な知識を学ぶとともに、情報システムやプロジェクトの設計・開発・運用に関する知識や、企業活動や経営に必要な会計、法務、マーケティングなどのビジネス全般の知識などを体系的、網羅的に習得することを目指します。
基本情報技術者試験(午前試験)受験レベルの知識習得を想定しています。
この教材ではテクノロジ分野の基礎を学習いたします。
テクノロジ分野基礎では、情報基礎理論やコンピュータの構成、ソフトウェアなどのIT技術の基礎知識を学習いたします。

はじめに
1章 情報基礎理論(前編)
2章 情報基礎理論(後編)
3章 コンピュータ構成要素
4章 システム構成要素
5章 ソフトウェア
6章 ヒューマンインターフェイス

詳細はこちら

ITパスポート試験対策 マネジメント&ストラテジ分野

ITパスポート試験対策 マネジメント&ストラテジ分野 9時間10分

IT全般に関する基礎知識や、情報セキュリティに関する規定・法規を習得するとともに、社会人として企業活動を行う上で必要な経営や組織に関する知識や、業務上の問題を把握し解決するための分析手法、システム化の支援を行う上で必要な運用知識などの習得を目指します。
ITパスポート受験レベルの知識習得を想定しています。
この教材では特にマネジメント&ストラテジ分野を学習します。
マネジメント&ストラテジ分野では、プロジェクト管理、システムの開発方法や流れ、企業活動などのITに関わる知識を学習します。

はじめに
1章 プロジェクトマネジメント
2章 サービスマネジメント
3章 システム監査
4章 情報システム戦略
5章 システム企画
6章 経営戦略マネジメント
7章 ビジネスインダストリ
8章 企業活動
9章 法務と標準化
9章 セキュリティ

詳細はこちら

工業数学入門

工業数学入門 6時間40分

高等学校や大学で数学に触れた経験はあるが、実務で利用する経験がなかった方や、しばらく数学に触れることが無かった方、数学に苦手意識をお持ちの方を対象に、数学に関する知識を改めて習得することを目指します。
文系でAIエンジニアを志す方やエンジニアに必要な数学を初めから学びたい方にも最適です。

はじめに
1章 社会で活きる数学
2章 式
3章 集合
4章 数
5章 図形
6章 方程式と不等式
7章 関数
8章 指数・対数・三角関数
9章 ベクトル
10章 数列
11章 微分
12章 積分

詳細はこちら

電気・電子 (電気・磁気編)

電気・電子 (電気・磁気編) 3時間40分

様々な技術系の業務に携わるために必要な電気電子に関する基礎知識の習得を目指します。電気・磁気編では静電気や電界、コンデンサの仕組み、磁気やコイル、電磁力、電磁誘導といった電気・磁気についての基礎的な知識の習得を目指します。
電験三種(理論)の受験レベルの知識習得を想定したカリキュラムです。
電験(電気主任技術者試験)第三種とは、国家資格の一つです。
第三種は「理論」、「電力」、「機械」、「法規」の4つの科目に分類されています。
当講座を受講される方は、受講される前に「電気電子基礎 回路編」の学習を推奨いたします。

はじめに
1章 静電気 1静電気と電界
2章 静電気 2コンデンサ
3章 電気と磁気 1磁気
4章 電気と磁気 2コイル
5章 電気と磁気 3電磁力
6章 電気と磁気 4電磁誘導
7章 電気と磁気 5インダクタンス
8章 電気計測

詳細はこちら

基本情報技術者試験対策 マネジメント&ストラテジ分野

基本情報技術者試験対策 マネジメント&ストラテジ分野 10時間40分

IT全般や情報セキュリティに関する技術的な知識を学ぶとともに、情報システムやプロジェクトの設計・開発・運用に関する知識や、企業活動や経営に必要な会計、法務、マーケティングなどのビジネス全般の知識などを体系的、網羅的に習得することを目指します。
基本情報技術者試験(午前試験)受験レベルの知識習得を想定したカリキュラムです。
この教材ではマネジメント&ストラテジ分野を学習します。
マネジメント&ストラテジ分野では、プロジェクト管理、経営戦略マネジメント、法務などのIT管理に関わる知識を学習します。

はじめに
1章 プロジェクトマネジメント
2章 サービスマネジメント
3章 システム監査
4章 情報システム戦略
5章 システム企画
6章 経営戦略マネジメント
7章 ビジネスインダストリ
8章 企業活動
9章 法務と標準化

詳細はこちら

電気・電子(回路編)

電気・電子(回路編) 4時間30分

様々な技術系の業務に携わるために必要な電気電子に関する基礎知識の習得を目指します。回路編では電流や電圧、抵抗、直流回路、交流回路、半導体やトランジスタ、バイアス回路、FETといった電気回路・電子回路についての基礎的な知識の習得を目指します。
電験(電気主任技術者試験)第三種(理論)の受験レベルの知識習得を想定したカリキュラムです。電験(電気主任技術者試験)第三種とは、国家資格の一つです。
第三種は「理論」、「電力」、「機械」、「法規」の4つの科目に分類されています。

はじめに
1章 直流回路 1 オームの法則
2章 直流回路 2 合成抵抗
3章 直流回路 3 キルヒホッフの法則
4章 直流回路 4 電力と電力量
5章 交流回路 1 交流
6章 交流回路 2 正弦波交流
7章 電子回路 1 半導体
8章 電子回路 2 トランジスタ
9章 電子回路 3 バイアス回路
10章 電子回路 4 電界効果トランジスタ

詳細はこちら

新人・若手教育

クリティカル・シンキングのエッセンス 10時間

クリティカル・シンキングとは、「考える」ための方法です。しかし、単に課題に対して答えを出すことが目的ではありません。本教材でクリティカル・シンキングの本質である、課題を懐疑的にとらえ広く深く考える方法を例題を通して学習することにより、ビジネスに必要な論理的思考力を身につけ、課題の解決につながる結論を導きだせるようになります。

1章 クリティカル・シンキングとは
2章 イシューを特定する
3章 解釈する
4章 構造化を行う (1)
5章 構造化を行う (2)
6章 総合演習

詳細はこちら

新人・若手教育

チームワーク 1時間

チームワークの本質とは、共通の目標を達成するためにメンバーと協力することにあります。チームワークを向上させるには、相手の気持ちを思いやり、良好な関係を築けるように行動していかなければいけません。本教材では、チームワークの重要性を理解し、共通の目標に向かってメンバーと協力していく方法を身に付けることができます。

1章 チームワーク概要
2章 良好な関係を築く意識をもつ
3章 良好な関係を築くよう行動する
4章 課題を共有する
5章 解決に向けて協力する
6章 総合テスト

詳細はこちら

新人・若手教育

コミュニケーションのエッセンス 8時間

コミュニケーションとは、自分の意思を相手に理解してもらい、相手の納得と合意によって自分が意図する行動を起こしてもらうことです。しかし、その過程において相手と意見が異なる場合もあり、その際には適切な対処が求められます。この教材では、ビジネスにおいてさまざまな状況下において必要とされる、各種コミュニケ―ションのスキルについて学習します。

1章 良好なコミュニケーションを築く基本要素
2章 コミュニケーションの基本スキル
3章 仕事を円滑に進めるコミュニケーション・スキル
4章 お客様との良好な信頼関係を築くコミュニケーション・スキル

詳細はこちら

新人・若手教育

数値分析のエッセンス 10時間

ビジネスには、さまざまな数値(データ)が存在します。このような数値を分析して仮説を立て、適切なアクションをとることがビジネス成功の鍵となります。その重要ポイントである「比較を行う」「分解する」「ばらつきをとらえる」「変化をとらえる」ことを基本から学ぶことにより、ビジネスに必要な数値の分析・活用スキルを身につけることができます。

1章 分析とは
2章 比較を行う
3章 分解して考える
4章 ばらつきを捉える
5章 変化を捉える
6章 分析ツールの紹介
7章 総合演習

詳細はこちら

新人・若手教育

戦略的思考のエッセンス 10時間

戦略的思考とは、目標を達成したり、競争相手よりも優位に立ち続けるための思考方法です。ビジネス行なう上で必要な、戦略的な考え方・ものの見方を、将来を描き、情報を処理し、意思決定を行い、実行するという4つのプロセスで基礎から学習し、大局的な考え方と情報分析の技術を修得します。例題による実践的なトレーニングも織り込んだ構成になっています。

1章 戦略的思考とは何か
2章 将来を描く
3章 情報を処理する
4章 意思決定をする
5章 実行する
6章 総合演習

詳細はこちら

新人・若手教育

会社経営のエッセンス 10時間

企業がビジネスを継続的に運営し発展させるためには、「人・モノ・金・情報」をうまく管理して儲かる仕組みをつくり、株主や従業員、取引先などに価値を提供することがポイントです。本教材では、その仕組みを作るために必要な、経営の基礎知識および経営の各機能の基本的な役割と、各機能間の関連についての知識を身につけることができます。

1章 経営とビジョン・戦略
2章 組織と人
3章 会計・財務
4章 生産管理
5章 営業・マーケティング
6章 情報技術
7章 総合演習

詳細はこちら

新人・若手教育

マーケティングのエッセンス 10時間

モノが巷にあふれる現在の社会では、顧客が本当に欲しい商品やサービスを見極め提供することが必要です。本教材で顧客の視点でビジネスを展開する必要性や、マーケティングの具体的なプロセスについて学習することで、仕事を進める上で必要な、マーケティングの基礎スキルを身に付けることができます。

1章 マーケティングとは
2章 市場機会の発見
3章 ターゲット・マーケティング
4章 マーケティング・ミックス
5章 総合演習

詳細はこちら

新人・若手教育

企業会計のエッセンス 10時間

企業会計とは、企業活動や状況を効率的に把握するためのルールです。本教材では、会計を学ぶ目的を「企業をみる」、「企業を評価する」という点に絞り、株主や投資家、取引先などに対して企業活動を表すために用いられる「財務会計」について入門から学習します。財務諸表の基本的な構造と主要項目(科目)などを理解することで、ビジネスに必要な会計の基礎を身に付けることができます。

1章 会計とは
2章 損益計算書
3章 貸借対照表
4章 キャッシュフロー計算書
5章 指標分析
6章 総合演習

詳細はこちら

新人・若手教育

経営戦略のエッセンス 8時間

経営戦略とは、競争環境と自社の持つリソースを勘案してどのように戦うかを考えることです。本教材では、競争優位を確立するための経営戦略の策定や分析ツールなどについて基本から学習し、戦略を具体化するために必要となるフレームワークを身につけることができます。各章の学習には実在の企業の事例が含まれており、よりわかりやすい内容となっています。

1章 企業のとらえ方
2章 戦略ピラミッド
3章 分析ツール
4章 競争優位の源泉

詳細はこちら

新人・若手教育

ファイナンスのエッセンス 8時間

ファイナンスとは、もともと個人や企業の資金調達の方法についての研究でしたが、最近では投資の意思決定に関する手法も含めた、より広い範囲をカバーするようになりました。本教材では、財務分析手法のベースとなるROIなどの合理的な手法を学習し、ファイナンス理論を用いた投資の意思決定の方法を身につけることができます。

1章 ファイナンスとは
2章 現在価値
3章 DCF法
4章 投資の意思決定

詳細はこちら

新人・若手教育

ネゴシエーションのエッセンス 10時間

ネゴシエーション(交渉)とは、共通利益を目標とした、パートナーシップ構築のための技術です。交渉を技術と考え、論理的な分析、プレゼンテーション能力などのトレーニングを積むことで、相手と対等に渡り合えるようになります。本教材では、ネゴシエーションとは何かを理解し、各交渉プロセスで必要とされる知識・スキルを身につけることができます。

1章 ネゴシエーションとは
2章 交渉前の段階
3章 交渉中の段階
4章 交渉後の段階

詳細はこちら