新人・若手教育

新人・若手教育

クリティカル・シンキングのエッセンス 10時間

クリティカル・シンキングとは、「考える」ための方法です。しかし、単に課題に対して答えを出すことが目的ではありません。本教材でクリティカル・シンキングの本質である、課題を懐疑的にとらえ広く深く考える方法を例題を通して学習することにより、ビジネスに必要な論理的思考力を身につけ、課題の解決につながる結論を導きだせるようになります。

1章 クリティカル・シンキングとは
2章 イシューを特定する
3章 解釈する
4章 構造化を行う (1)
5章 構造化を行う (2)
6章 総合演習

詳細はこちら

新人・若手教育

チームワーク 1時間

チームワークの本質とは、共通の目標を達成するためにメンバーと協力することにあります。チームワークを向上させるには、相手の気持ちを思いやり、良好な関係を築けるように行動していかなければいけません。本教材では、チームワークの重要性を理解し、共通の目標に向かってメンバーと協力していく方法を身に付けることができます。

1章 チームワーク概要
2章 良好な関係を築く意識をもつ
3章 良好な関係を築くよう行動する
4章 課題を共有する
5章 解決に向けて協力する
6章 総合テスト

詳細はこちら

新人・若手教育

経営戦略のエッセンス 8時間

経営戦略とは、競争環境と自社の持つリソースを勘案してどのように戦うかを考えることです。本教材では、競争優位を確立するための経営戦略の策定や分析ツールなどについて基本から学習し、戦略を具体化するために必要となるフレームワークを身につけることができます。各章の学習には実在の企業の事例が含まれており、よりわかりやすい内容となっています。

1章 企業のとらえ方
2章 戦略ピラミッド
3章 分析ツール
4章 競争優位の源泉

詳細はこちら

新人・若手教育

ファイナンスのエッセンス 8時間

ファイナンスとは、もともと個人や企業の資金調達の方法についての研究でしたが、最近では投資の意思決定に関する手法も含めた、より広い範囲をカバーするようになりました。本教材では、財務分析手法のベースとなるROIなどの合理的な手法を学習し、ファイナンス理論を用いた投資の意思決定の方法を身につけることができます。

1章 ファイナンスとは
2章 現在価値
3章 DCF法
4章 投資の意思決定

詳細はこちら

新人・若手教育

ネゴシエーションのエッセンス 10時間

ネゴシエーション(交渉)とは、共通利益を目標とした、パートナーシップ構築のための技術です。交渉を技術と考え、論理的な分析、プレゼンテーション能力などのトレーニングを積むことで、相手と対等に渡り合えるようになります。本教材では、ネゴシエーションとは何かを理解し、各交渉プロセスで必要とされる知識・スキルを身につけることができます。

1章 ネゴシエーションとは
2章 交渉前の段階
3章 交渉中の段階
4章 交渉後の段階

詳細はこちら

新人・若手教育

リーダーシップのエッセンス 8時間

ビジネスにおけるリーダーシップとは、単に指導力や統率力をいうのではなく「革新を成し遂げるために他者に与える影響力」をいいます。リーダーシップは才能ではなくスキルであり、学んだり経験したりすることによって身につけることができるものです。本教材では、リーダーが身に付けるべき知識、能力要件と、状況に応じて発揮すべきリーダーシップ・スタイル(タイプ)の基本を身に付けることができます。

1章 リーダーシップとは
2章 リーダーに必要なパワー
3章 メンバーの動機づけ
4章 リーダーシップ発揮の基本サイクル
5章 発揮すべきリーダーシップ・スタイル

詳細はこちら

新人・若手教育

コミュニケーションのエッセンス 8時間

コミュニケーションとは、自分の意思を相手に理解してもらい、相手の納得と合意によって自分が意図する行動を起こしてもらうことです。しかし、その過程において相手と意見が異なる場合もあり、その際には適切な対処が求められます。この教材では、ビジネスにおいてさまざまな状況下において必要とされる、各種コミュニケ―ションのスキルについて学習します。

1章 良好なコミュニケーションを築く基本要素
2章 コミュニケーションの基本スキル
3章 仕事を円滑に進めるコミュニケーション・スキル
4章 お客様との良好な信頼関係を築くコミュニケーション・スキル

詳細はこちら

新人・若手教育

数値分析のエッセンス 10時間

ビジネスには、さまざまな数値(データ)が存在します。このような数値を分析して仮説を立て、適切なアクションをとることがビジネス成功の鍵となります。その重要ポイントである「比較を行う」「分解する」「ばらつきをとらえる」「変化をとらえる」ことを基本から学ぶことにより、ビジネスに必要な数値の分析・活用スキルを身につけることができます。

1章 分析とは
2章 比較を行う
3章 分解して考える
4章 ばらつきを捉える
5章 変化を捉える
6章 分析ツールの紹介
7章 総合演習

詳細はこちら

新人・若手教育

戦略的思考のエッセンス 10時間

戦略的思考とは、目標を達成したり、競争相手よりも優位に立ち続けるための思考方法です。ビジネス行なう上で必要な、戦略的な考え方・ものの見方を、将来を描き、情報を処理し、意思決定を行い、実行するという4つのプロセスで基礎から学習し、大局的な考え方と情報分析の技術を修得します。例題による実践的なトレーニングも織り込んだ構成になっています。

1章 戦略的思考とは何か
2章 将来を描く
3章 情報を処理する
4章 意思決定をする
5章 実行する
6章 総合演習

詳細はこちら

新人・若手教育

会社経営のエッセンス 10時間

企業がビジネスを継続的に運営し発展させるためには、「人・モノ・金・情報」をうまく管理して儲かる仕組みをつくり、株主や従業員、取引先などに価値を提供することがポイントです。本教材では、その仕組みを作るために必要な、経営の基礎知識および経営の各機能の基本的な役割と、各機能間の関連についての知識を身につけることができます。

1章 経営とビジョン・戦略
2章 組織と人
3章 会計・財務
4章 生産管理
5章 営業・マーケティング
6章 情報技術
7章 総合演習

詳細はこちら

新人・若手教育

マーケティングのエッセンス 10時間

モノが巷にあふれる現在の社会では、顧客が本当に欲しい商品やサービスを見極め提供することが必要です。本教材で顧客の視点でビジネスを展開する必要性や、マーケティングの具体的なプロセスについて学習することで、仕事を進める上で必要な、マーケティングの基礎スキルを身に付けることができます。

1章 マーケティングとは
2章 市場機会の発見
3章 ターゲット・マーケティング
4章 マーケティング・ミックス
5章 総合演習

詳細はこちら

新人・若手教育

企業会計のエッセンス 10時間

企業会計とは、企業活動や状況を効率的に把握するためのルールです。本教材では、会計を学ぶ目的を「企業をみる」、「企業を評価する」という点に絞り、株主や投資家、取引先などに対して企業活動を表すために用いられる「財務会計」について入門から学習します。財務諸表の基本的な構造と主要項目(科目)などを理解することで、ビジネスに必要な会計の基礎を身に付けることができます。

1章 会計とは
2章 損益計算書
3章 貸借対照表
4章 キャッシュフロー計算書
5章 指標分析
6章 総合演習

詳細はこちら

新人・若手教育

目標管理 1時間

目標管理とは、自分自身の仕事を着実に進め、ステップアップするための手法です。目標管理を正しく行うには、目標の設定方法を知り、達成方法を知り、管理方法を知ることが必要です。本教材では、具体例を用いて目標管理の必要性を理解し、正しい目標管理の方法を身に付けることができます。

1章 目標管理概要
2章 目標の設定方法を知る
3章 目標の達成方法を知る
4章 目標の管理方法を知る
5章 総合テスト

詳細はこちら

新人・若手教育

オリエンテーション ビジネスの世界へようこそ 5分

本教材では、内定者が元気に入社し仕事の職場の人間関係にスムーズになじめるよう、入社前に抱えがちな不安を和らげ、入社後すぐに必要となる基本行動を学びます。

学習の進めかた

対応デバイス:PC

新人・若手教育

レッスン1 入社する企業をイメージしよう 3時間

入社動機は、実は就職活動よりも、入社したあと、その企業で活躍するために必要になります。また、企業や職場への理解を深めることも大切です。本教材では、受講者自身が大切にしていることや入社動機をもう一度確認し、3つの観点から入社する企業をとらえなおします。この作業を通じて自社に対する理解を深めます。

入社動機を整理しよう
企業をとらえる観点を知ろう
まとめ

詳細はこちら

新人・若手教育

レッスン2 働く自分をイメージしよう 3時間

限られた時間の中で確実に仕事をしていくことは、社会人であれば誰もが求められます。本格的に仕事が始まったら、自分の一日の過ごし方を定期的に振り返ることで、仕事の効率アップができるはずです。本教材では、社会人として組織で働くことの意味とそこで必要とされる3つの姿勢について学習します。

会社で働くとは?
仕事に向き合う姿勢とは?
まとめ

詳細はこちら

新人・若手教育

レッスン3 社会人としての基本行動を身につけよう 2時間

基本行動とは、仕事で活躍している社会人なら、誰でもどんな時にでも実践している行動です。「相手は今、何を期待しているんだろう?自分はどう応えるべきだろう?」と考えて行動することが重要です。本教材では、挨拶や電話の応対など、入社初日からすぐ必要になる基本行動とその意味、基本的な仕事の進め方を学習します。

第一印象をよくする
お客様への応対を身につける
仕事の進めかたを知る
総合テスト
まとめ

詳細はこちら

新人・若手教育

ビジネスマナー 1時間30分

ビジネスマナーとは、仕事を円滑に進めるための礼儀作法です。ビジネスにおいて上司や先輩、社外のお客様と円滑なコミュニケーションをとり信頼関係を築くためには、様々なマナーが必要です。本教材では、ビジネスマナーの必要性を理解するとともに、ビジネスを円滑に進めるための基本的な実践方法を身に付けることができます。

1章 ビジネスマナー概要
2章 ビジネスでの基本マナー
3章 電話応対のマナー
4章 お客様応対のマナー
5章 組織活動におけるマナー
6章 冠婚葬祭のマナー
7章 総合テスト

詳細はこちら

新人・若手教育

ビジネス文書 1時間

ビジネス文書とは、仕事をスムーズに進めるうえで必要不可欠な業務関連文書の総称です。ビジネスの要件を正確に相手に伝えることが主な目的なので、形式に従った書き方で、的確に表現することが大切です。本教材では、ビジネス文書の重要性を理解するとともに、ビジネス文書の作成方法を身に付けることができます。

1章 ビジネス文書概要
2章 社内文書
3章 社外文書
4章 電子メール
5章 FAX
6章 総合テスト

詳細はこちら

新人・若手教育

タイムマネジメント 1時間

タイムマネジメントとは単に時間管理というだけではなく、仕事を管理することでもあります。忙しいからといって、「とにかく努力して仕事をこなす」というだけでは、決して解決にはなりません。本教材では、タイムマネジメントの重要性を理解し、自分が処理可能な仕事量をコントロールする方法を身に付けることができます。

1章 タイムマネジメント概要
2章 仕事の計画を立てる
3章 処理できる仕事量を増やす
4章 処理すべき仕事の量を減らす
5章 仕事に費やせる時間を増やす
6章 総合テスト

詳細はこちら