eラーニング教材 クレーム対応の極意

お客様からのクレームにどう向き合えばよいのでしょうか?

提供されたサービスや商品に問題があった際などに、お客様から「苦情」を言われたことはありませんか。営業や接客業など、お客様とのやり取りが多い現場では、クレームを避けて通ることはできません。しかし、ここでお客様への接し方を誤ると、必要以上に大きなクレームを生んでしまいます。適切な初期対応をしてクレームを大事に至らせないためには、どうすればよいのでしょうか。

クレームの基礎知識と対応のコツを学ぶ

クレームとは、お客様が提供されたサービスや商品から期待した成果を得られなかったときに生まれる「苦情」に、何かしらの「要求」や「要望」が加わる状態です。クレームに対応するに当たっては、まずはその内容の正当性を見極めた上で、誠実な対応が必要となります。本教材では、クレームの種類のほか、その種類に応じた対処方法について学びます。また、後半のケーススタディーでは、典型的なクレームを例に挙げて、具体的な対応方法について学びます。

学習の流れ

目次

1章 はじめに
2章 一般的なクレームへの対応
3章 セルフチェック
4章 悪質なクレームへの対応
5章 反社会的勢力への対応
6章 ケーススタディー
7章 確認テスト

教材概要

学習時間 1時間
対応端末 PC・スマートフォン・タブレット
対応OS Windows、iOS、Android
外国語版の有無 無し

その他おすすめ教材

Japanese Culture and Japanese Business Ways 45分

日本企業のグローバル化が進む中、外国人の労働者を採用する企業も増えています。本教材では、外国人が日本人と働くにあたって理解しておくべき5つの項目(日本のエチケット/日本語コミュニケーションスタイル/日本の働き方/報告、発表、会議/日本の意思決定)について学習し、日本人と円滑にコミュニケーションをとるスキルを身に着けます。

Chapter1 Japanese Etiquette
Chapter2 Japanese Communication Style
Chapter3 Japanese Work Style
Chapter4 Reports,Presentations,Meetings
Chapter5 Japanese-Style Decision-Making

詳細はこちら

関連ブログ・記事