eラーニング教材 経営戦略

企業が最適な選択をするにはどのような対応が必要?

企業経営において、決算が黒字で企業か存続していることにあまり意味はありません。あくまでも企業経営の目的は、資本コストを上回るリターンを生み出すことです。そのためには、利益の出る業界を見つけるか、既存の業界で競合他社に対して競争優位を確立するかのどちらかを選ぶことになります。ここで最適な選択をするには、どのような対応が必要になるのでしょうか。

企業経営における戦略の重要性とその理論を理解する

経営戦略とは、競争優位を構築するために経営資源(リソース)を適切な活動に割り当てる一連の計画です。経営戦略を立てる際には、企業の内部環境・外部環境を分析し、いくつかの代替案を作成し、そこからベストの案を出すのがよいとされています。さらにPlan、Do、Seeのサイクルを回し、徐々に最適な戦略を見つけるようにすることが大切です。本教材では、企業における経営戦略の基本的な考え方や経営目標の策定の手法、市場支配を学習し、競争優位を築くための戦略を立てる上で重要なフレームワークを修得することができます。各章の学習には実在の企業の事例が含まれており、よりわかりやすい内容となっています。

学習の流れ

目次

1章 経営戦略概論
2章 競争の類型
3章 市場支配力に基づく競争優位性(Structure-basedAdvantages)
4章 組織能力に基づく競争優位性(Capability-basedAdvantages)
5章 優位性のダイナミズム

教材概要

学習時間 15時間
対応端末 PC・スマートフォン・タブレット
対応OS Windows、iOS、Android
外国語版の有無 英語、中国語

その他おすすめ教材

リーダーシップ 15時間

企業経営におけるリーダーとは、組織のビジョンの実現に向けて戦略を立てる存在です。企業環境が予想もつかない速さで変化している現在、リーダーシップは変革を推し進める役割を果たします。本教材では、リーダーシップの基本的な考え方や理論を学び、リーダーに必要な意思決定の手法やコミュニケーション能力を身につけることができます。

1章 リーダーとは
2章 モチベーション
3章 集団形成
4章 コミュニケーション
5章 組織デザイン
6章 変革

詳細はこちら

マーケティング 15時間

マーケティングとは、顧客のニーズを観察し、それを喚起する製品を企画し価格を設定、プロモーションをして流通チャネルを確保するといった「売るための仕組み」を作る活動をいいます。本教材では、ビジネスに必要なマーケティング戦略の基礎的な考え方や分析の手法を学び、経営に関わる判断スキルや意思決定のフレームワークを修得することができます。

1章 マーケティングの概要
2章 マーケティング機会の分析
3章 標的マーケットの選定
4章 プロダクト戦略
5章 セールスプロモーション戦略

詳細はこちら

財務会計 15時間

財務会計とは、企業の活動を一定のルールに基づいて数値化し、ステークホルダーに開示することを目的とした会計です。財務諸表を理解することは、企業活動を理解することに他なりません。本教材では、財務会計の基本的な考え方を学んだうえで、財務諸表の読み方など財務会計の理論を修得し、経営管理のフレームワークを身につけることができます。

1章 財務会計の現在
2章 財務諸表によるディスクロージャー
3章 財務諸表の読み方資産と負債
4章 財務諸表の読み方資本会計と損益計算書

詳細はこちら

管理会計 15時間

「管理会計」とは、経営管理者に対して、正確でタイムリーに意思決定をし、効果的な経営ができるような情報を提供することを目的とした会計です。本教材では、管理会計の基本的な考え方や財務会計との違いを学び、原価計算の計算手法、業績評価ツールの活用方法などを身につけることができます。

1章 管理会計と原価計算
2章 経営管理

詳細はこちら

ファイナンス 15時間

企業財務の役割は、資金調達や企業オペレーションへの投資の意思決定、そしてキャッシュが過不足なく円滑に流れるようにすることです。ファイナンスとは、これらの意思決定を合理的に行うための理論です。本教材では、ファイナンスの基本的な考え方を学び、投資に必要な意思決定の手法や債券・株式に関する理論を身につけることができます。

1章 現在価値と投資の意思決定
2章 債券・株式の価格
3章 リスク
4章 市場の効率性と資本構成
5章 オプション

詳細はこちら

アカウンティング 15時間

アカウンティングとは、経理や会計報告を意味します。企業のマネジメントとして、財務諸表に表現された数字から企業の実態を理解する必要があります。本教材では、企業経営における財務会計と管理会計の考え方を基礎から学び、財務諸表を用いた各種分析手法のほか、原価計算や損益分岐点分析の方法などを身につけることができます。

1章 アカウンティングの現在
2章 財務諸表によるディスクロージャー
3章 財務諸表の作成資産と負債
4章 財務諸表の作成資本会計と損益計算書
5章 原価の計算と経営管理

詳細はこちら

関連ブログ・記事