eラーニング教材 労務管理

メンバーに適切な労務管理をするために必要な知識とは?

管理者は部下を指揮監督するため各種の管理権限を持っていますが、当然のことながら、果たすべき義務と責任も伴います。例えば、メンバーの就業規則違反を知りながら見過ごした場合は義務違反となり、責任が問われます。管理者の管理権限を正しく行使し、円滑に業務を遂行するためはどうすればよいのでしょうか。

労務管理の基礎知識を得て快適な職場環境を整える

労務管理とは、社員の労働に関わる業務を担当する仕事です。その内容は、社員の採用から教育、異動、昇進、退職、賃金など多岐にわたります。労務管理の目的は、企業目的を達成するために人材を効果的に活用することです。本教材では、労務管理とは何かを理解した上で、メンバーに対して適切な労務管理ができるようにするために必要な各種知識(労働法規と労働契約、就業規則と労働時間、労働条件と労働管理等)について学びます。

学習の流れ

目次

1章 労働法規と労働契約
2章 就業規則と労働時間
3章 労働条件と労務管理
4章 新しい労務管理の問題
5章まとめテスト

教材概要

学習時間 2時間
対応端末 PC・スマートフォン・タブレット
対応OS Windows、iOS、Android
外国語版の有無 無し

監修者情報

佐藤方俊 財団法人 日本監督士協会 常任理事

その他おすすめ教材

コーチング 2時間

コーチングとは、「人が本来もっている能力や可能性を最大限に発揮できるようサポートすること」です。部下が自分の中にある答えを導き出すためには、上司が部下に適切な問いかけをし、部下の意識を内側に向けるスキルが必要です。本教材では、管理者がメンバーをサポートするために必要なコーチングの知識を習得します。

1章 プレコーチング
2章 コーチングスキル
3章 まとめテスト

詳細はこちら

目標管理 2時間

目標管理(MBO)とは、「組織目標と個人目標を統合させ、自主管理することによって目標を達成する手法」です。自ら進捗や達成度合いを管理することで自主性を高めたり、業務に対するモチベーションを上げたりする効果があります。本教材では、目標管理とは何かを理解した上で、適切な目標を設定し、達成するための各プロセスを習得します。

1章 目標管理とは
2章 目標設定のプロセス
3章 目標達成のプロセス
4章 成果評価のプロセス
5章 まとめテスト

詳細はこちら

関連ブログ・記事