eラーニング教材無意識の偏見(アンコンシャスバイアス)を理解する
~ダイバーシティ&インクルージョンの実現に向けて~


ダイバーシティの推進を妨げる「偏った考え方」を認識し、乗り越えるために

無意識の偏見(アンコンシャス・バイアス)は、2000年前後から研究され始めた比較的新しい概念ですが、近年、 ダイバーシティ&インクルージョン(人材の多様性を認め、活用すること)を滞らせる要因のひとつとして、 NHKや日本経済新聞で度々特集されるなど、大きな関心を集めています。


ダイバーシティへの対応が進む欧米でも、2000年前後からは推進のスピードが鈍くなり、特に上級管理職の女性の割合が低いままとなっています。中でも、日本は先進国の中で最低の比率です(※)。

女性活躍を阻むジェンダーだけでなく、人種、年齢、国籍、LGBTなどいろいろな無意識の偏見があり、その偏った考え方が、少なからず企業や組織に望ましくない影響をもたらしていることが、数々のリサーチからわかってきました。

本教材を学習し、無意識の偏見とは何か、そして無意識の偏見を乗り越えるための方法理解することで、ダイバーシティの推進を推進し貴社の働き方改革をサポートします。

(※) 参照:2017年2月11日付日本経済新聞「リーダーシップにおける女性の割合」


学習の流れ

目次

第1章:無意識の偏見の基礎
第2章:組織における無意識の偏見
第3章:無意識の偏見への対応策
確認テスト

学習対象者

全従業員

学習時間

30分

対応OS

Windows、iOS、Android