スキル管理機能

スキル管理機能とは

職種や職位別に必要なスキルを体系的に明示して、それぞれの評価や学習を横断的に管理できる機能です。
この機能を利用することで、

  • いつまでに、何を学習していなければならないか
  • いつまでに、何ができるようになっていなければならないか

を明確にし、提示することが可能です。
結果、この機能を評価と連動させることも可能になります。

また、進捗に合わせて

  • OJT担当者がスタッフの状況を把握した状態でコミュニケーションを発生させられる
  • 本部側で全体の状況を適時把握し、問題があれば改善の手立てを講じる

といった運用が可能になります。

これらにより、展開する店舗それぞれの教育・スキルの標準化、教育機会の均等化ができるようになり、店舗オペレーションの安定が図れるようになります。

<スキル管理機能画面イメージ>

体系化したスキルを適切な期間でくくり、直感的に「いま自分が何を学ばなければならないか」、「いま自分が何をできていなければならないか」を理解させることが可能です。
また、対象を「新入社員」、「店長」、「SV」といった括りも自由に設計することが可能で、それぞれに必要なタイミングで必要な学習内容を提示することが可能です。

進捗管理と評価

従業員のスキル習得状況や学習の進捗状況をdaily、weekly、monthlyで取得し、遅れている店舗について管轄のSVやエリアマネジャーに連絡を入れて「状況を確認する」、「改善を促す」といったことが可能になります。

スキル管理機能の導入メリットまとめ

eLMSに搭載されている本機能を利用することで、従業員の学習、及びスキル習得状況を随時データとして蓄積することができるようになり、その結果を踏まえて合理的かつ効率的に評価を行うことも可能になり、パートアルバイトの契約更新の判断や社員への登用などの判断に利用することができるようになります。

また、「キャリアカルテ機能」と併用することで、人材育成・配置計画などに活用することも可能になります。

参考記事:「eラーニングを活用した店舗スタッフ教育 効果的な進め方」「eラーニング 事例に見る学習効果と業績の関係」