eラーニング教材 部下を育て組織を強くする 1on1ミーティング

部下の自主性を促すコミュニケーションとは?

手厚い指導をするあまり、結果的に部下が自分の頭で考えることを妨げてしまったことはありませんか?部下の自主性を育むには、一方的に教えるのではなく、部下の経験や能力、業務内容に応じて、自分の頭で考えて自発的に行動するよう促すことが大切です。そのためには、常日頃からどのようなコミュニケーションを心掛ければ良いのでしょうか。

1on1ミーティングの概要と具体的な進め方を学習する

1on1ミーティングとは、上司と部下の1対1の対面による対話のことです。その目的は、「会社の持続的な成長のために、部下のやる気を引き出し成長を促すこと」にあります。1on1ミーティングを始めるにあたっては、「部下との信頼関係」の構築が大切です。そのためには、一人ひとりの特性や状況に応じた密なコミュニケーションが欠かせません。本教材では、1on1ミーティングとは何かを理解し、具体的な進め方や質問の仕方などの基本プロセスを習得します。

学習の流れ

目次

第1章 1on1ミーティングの基礎知識
第2章 1on1ミーティングの準備と進め方
第3章 1on1ミーティングのルール
第4章 信頼関係の構築
第5章 1on1ミーティング実践編
第6章 確認テスト

教材概要

学習時間 1時間
対応端末 PC・スマートフォン・タブレット
対応OS Windows、iOS、Android
外国語版の有無 無し

監修者情報

八木香 パラスアテナ代表取締役

その他おすすめ教材

チームで取り組む長時間労働の是正
—働き方改革の実現に向けて—
40分

働き方改革の実現には、長時間労働の是正が欠かせません。この教材では、長時間労働是正に必要な「仕事の時短」とは何かを理解することができます。そのうえで、チーム単位で時短を推進することの重要性と、チームメンバーとして、あるいはチームの管理者として時短にどのようにアプローチすべきかについて習得します。

第1章長時間労働の課題
第2章今日からできる「仕事の時短」
第3章「仕事の時短」を発展させる

詳細はこちら

無意識の偏見を理解する
~ダイバーシティ&インクルージョンの実現に向けて~
30分

無意識の偏見は、近年、ダイバーシティ&インクルージョン(人材の多様性を認め、活用すること)を滞らせる要因のひとつとして大きな関心を集めています。無意識の偏見とは何か、また、それがもたらす影響について理解し、無意識の偏見を乗り越えるための方法を学習します。

自分の傾向を知る 偏見チェック
第1章 無意識の偏見の基礎
第2章 組織における無意識の偏見
第3章 無意識の偏見への対応策
確認テスト
おわりに 監修者からのメッセージ

詳細はこちら

ダイバーシティのエッセンス 20分

ダイバーシティは働き方改革の実現に向けた重要なテーマであり、業績にも大きな影響を及ぼすことが分かっています。ダイバーシティに対応するため、企業は正しい知識を教育する必要があります。本教材では、ダイバーシティに関する知識と情報を得ることで、多様な人材の活躍が企業の新たな価値の創造につながることを学習します。

第1章基本知識
第2章これからのダイバーシティ

詳細はこちら

クイズで学ぶ「がん治療と仕事の両立」
(管理職編)
45分

「働き方改革実行計画」のひとつである、「病気の治療と仕事の両立」の観点から、本教材では、病気の中でも特に就労可能年齢で増加が見られる「がん」についての理解を深めます。がんと診断された従業員を積極的に支援することで、仕事を続けながら治療ができる職場環境をつくることができます。

第1章 がんの基礎知識
第2章 管理職がすべきこと

詳細はこちら

誰もが働きやすい職場をつくる「LGBT」 1時間

日本人の約13人に1人がLGBTだと言われています。本教材では、LGBTとは何かを理解し、日本におけるLGBTが置かれた現状、とりわけ当事者たちがどのような困難を持っているのかを学習します。実際に企業で起こりうるシーンを通して、LGBTへの理解を深め、配慮あるコミュニケーション手法を習得します。

1章理解度チェック
2章LGBTを理解する

詳細はこちら

ダイバーシティ浸透をはばむハラスメント
-働きやすい職場をつくるために-
40分

社員のハラスメント教育は、企業がダイバーシティを推進して働き方改革を実現する上で不可欠です。
本教材では、企業が推進するダイバーシティとは何かを理解し、職場で起こりうる代表的なハラスメントについて学びます。ハラスメントを防止する方法を習得し、誰もが働きやすい職場環境を目指します。

第1章ダイバーシティを学ぶ
第2章ハラスメントを学ぶ
第3章セクハラを学ぶ
第4章パワハラを学ぶ
第5章マタハラ・パタハラを学ぶ
第6章相談
第7章確認テスト

詳細はこちら

関連ブログ・記事