eラーニング教材 事例で学ぶ特許・実用新案(1)

ビジネスをする上で必要となる知的財産の知識とは?

企業が長年にわたる努力の結果、画期的な発明に成功したとしても、特許庁に発明を出願しただけでは必ずしも特許が取得できるとは限りません。特許を取得するには、知的財産について理解した上で、特許についてのさまざまな手続きをクリアする必要があります。そのためには、どのような知識を身に付ける必要があるのでしょうか。

知的財産および特許・実用新案の基礎知識を習得する

知的財産とは、人の知恵や工夫などから生まれる創造物のことです。知的財産権には大きく分けて産業財産権(工業所有権)と著作権があります。産業財産権(工業所有権)には、特許権、実用新案権、意匠権、商標権の4つが含まれます。本教材では、事業活動において必要となる知的財産についての基本的な考え方や申請の方法、知的財産を活用して事業活動を効果的に進めるためのキーポイントを事例を交えて学習します。(知的財産検定2級試験に対応しています。)

学習の流れ

目次

1章:特許・実用新案(1)創造・権利化段階
2章:特許・実用新案(1)理解度テスト

教材概要

学習時間 1時間
対応端末 PC・スマートフォン・タブレット
対応OS Windows、iOS、Android
外国語版の有無 無し

監修者情報

パナソニック株式会社/パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社

その他おすすめ教材

事例で学ぶ特許・実用新案(2)

事例で学ぶ特許・実用新案(2) 1時間

取得した特許の活用方法には、大きく3つあります。①特許権の独占、②ライセンス料の取得、③特許権の譲渡です。ビジネスをする上でどれが適切かを判断し、活用方法を選択する必要があります。本教材では、特許の管理および事業への活用方法や、侵害警告を受けた時の対応を、事例を交えて学習します。(知的財産検定2級試験に対応しています。)

1章:特許・実用新案(2) 活用段階
2章:特許・実用新案(2) 理解度テスト

詳細はこちら

事例で学ぶ意匠・商標

事例で学ぶ意匠・商標 1時間

意匠と商標には、デザインが意匠法で保護され、商標やサービスマーク等のブランドが商標法で保護されるという違いがあります。本教材では、事業活動において必要となる意匠、商標についての基本的な考え方と、事業活動を効果的に進めるためのキーポイントを学習します。また、知的財産検定2級試験に対応しています。

意匠・商標創造・権利化段階
意匠・商標活用段階
意匠・商標理解度テスト

詳細はこちら

事例で学ぶ著作権

事例で学ぶ著作権 1時間

音楽や文章などの著作物には著作権が発生します。著作権は著作物が創作されたときから発生し、個人は死後70年、法人は著作物の公表後70年保護されます。本教材では、著作権についての基本的な考え方と、知的財産を活用して事業活動を効果的に進めるポイントを学習します。なお、本教材は知的財産検定2級試験に対応しています。

著作権 創造段階
著作権 活用段階
著作権 理解度テスト

詳細はこちら

関連ブログ・記事

『eラーニング大百科』

eラーニングについて知りたい方必見 『eラーニング大百科』 教育担当がこっそり開くパーフェクトガイド

無料eBookをダウンロードする
compliance_ebook

131ページで徹底解説 コンプライアンスが楽しくなる!ゲーミフィケーションで実践する教育の仕組みづくり

無料eBookをダウンロードする
eLearningMaterial

教材検討にご活用ください 約300教材をまとめた、eラーニング教材カタログ

教材カタログをダウンロードする