eラーニング教材(コンテンツ) 資金運用表

貸借対照表の弱点を補足できるものとは?

単純に2期の決算書を見比べても、期中の変化(財務状況が良化したのか・悪化したのか等)を捉えることは非常に困難です。貸借対照表は、ある一時点の状況しか表さないという短所があります。その期中の増減変化の原因、財務構造の変化をとらえることはできません。静的な貸借対照表の弱点を補足し、企業の動的な分析ができるものとは何でしょうか?

資金運用表の構成を理解し作成方法や分析のポイントを学ぶ

「資金運用表」は、2期の貸借対照表などを比較し、各科目の残高の増減変化から、企業が資金をどのように使い(運用)、それをどのように賄ったのか(調達)を要約した資金表です。一時点の状態を表す「貸借対照表」を補足する形で企業の財務構造の変化を明らかすることができます。本教材では、「資金運用表」の構成を理解し、財務諸表からの作成方法を習得します。さらに、「資金運用表」の分析のポイントや活用方法を学習します。

学習の流れ

目次

1章 貸借対照表の見方
2章 資金運用表とは
3章 資金運用表の見方
おわりに
修了試験

教材概要

学習時間 1時間
対応端末 PC、スマートフォン、タブレット
対応OS Windows、iOS、Android
外国語版の有無 なし

監修者情報

著作:株式会社横浜銀行/株式会社ライトワークス

その他おすすめ教材

金融取引の基礎 3時間

「金融」とは、お金が余っている人(資金余剰の状態)からお金が足りない人(資金不足の状態)にお金を供給することです。金融の世界の主な当事者は家計(=個人)、企業(=法人)、政府で、この三者の間のお金の流れを分析します。本教材では、金融全般についての知識および主要な金融商品や取引の概略を学習します。

1章 金融とは
2章 通貨の種類と役割
3章 お金の流れ
4章 金融機関の役割
5章 金融市場

詳細はこちら

投資信託のしくみ 3時間

「投資信託」は、多数の投資家から集めた資金をひとつにまとめ、専門家である投資信託会社がそれらを運用するものです。形態や投資対象によって多くの種類に分類されます。本教材では、投資信託の種類、特徴、売買方法の概略について学習します。

1章 投資信託とは
2章 投資信託のリスク・リターン
3章 投資信託の種類
4章 投資信託の売買

詳細はこちら

株式のしくみ 2時間30分

「株式」とは、会社にとっては資金調達のひとつの方法であり、株主にとっては、その権利を証明する有価証券の一種です。本教材では、株式会社や株主という概念から株式を理解するとともに、その種類、特徴、売買方法の概略について学習します。

1章 株式とは
2章 株式の種類
3章 株式市場
4章 株価
5章 株式の購入
6章 株式の選択
7章 修了試験

詳細はこちら

債券のしくみ 2時間30分

債券は、お金を必要とする国や企業などが、投資家からお金を集める=借りるために発行する有価証券です。本教材では、発行条件や債券市場という概念から債券を理解するとともに、その種類、リスク、株式との違いなどの概略について学習します。

1章 債券とは
2章 債券の種類
3章 債券市場
4章 債券の発行条件
5章 債券のリスク
6章 債券の利回り
7章 修了試験

詳細はこちら

資金移動表 1時間

企業の安定性を判断するためには、利益の増減だけでなく、現金の増減や、その原因も考慮しなければなりません。その際に有効なのが、資金移動表を用いた分析手法です。本教材では、「資金移動表」の構成を理解し、財務諸表からの作成方法を習得します。さらに、「資金移動表」の分析のポイントや活用方法を学習します。

1章 キャッシュの不足要因
2章 資金移動表とは
3章 資金移動表の構成
4章 資金移動表の活用方法
おわりに
修了試験

詳細はこちら

関連ブログ・記事

『eラーニング大百科』

eラーニングについて知りたい方必見 『eラーニング大百科』 教育担当がこっそり開くパーフェクトガイド

無料eBookをダウンロードする
compliance_ebook

131ページで徹底解説 コンプライアンスが楽しくなる!ゲーミフィケーションで実践する教育の仕組みづくり

無料eBookをダウンロードする
eLearningMaterial

教材検討にご活用ください 約300教材をまとめた、eラーニング教材カタログ

教材カタログをダウンロードする