eラーニング教材(コンテンツ) レッスン2 働く自分をイメージしよう

「社会人になる」とはどういうことでしょうか?

社会人として働き始めると、生活の中で仕事が大きな割合を占めるようになります。頭では理解しているつもりでも、それを具体的にイメージできないという場合もあるかもしれません。本教材では、先輩社員のキャラクターの一日の過ごし方や仕事に取り組む姿勢を参考に、社会に出て働くということをイメージできる構成になっています。貴社の内定者や新入社員に、社会人として働く心構えをつくる教育をしておきませんか。

会社で働くということと仕事に向き合う姿勢を学ぶ

企業や職種によって、一日の過ごし方はもちろん異なります。しかし、限られた時間の中で確実に仕事をしていくことは、社会人であれば誰もが求められます。本格的に仕事が始まったら、自分の一日の過ごし方を定期的に振り返ることで、仕事の効率アップができるはずです。また、社会人に求められる姿勢を理解しておくことも大切です。本教材では、社会人として組織で働くことの意味とそこで必要とされる3つの姿勢について学習します。

学習の流れ

目次

会社で働くとは?
仕事に向き合う姿勢とは?
まとめ

教材概要

学習時間 3時間
対応端末 PC
対応OS Windows
外国語版の有無 なし

監修者情報

著作:株式会社リクルート/株式会社ライトワークス

その他おすすめ教材

オリエンテーション ビジネスの世界へようこそ 5分

本教材では、内定者が元気に入社し仕事の職場の人間関係にスムーズになじめるよう、入社前に抱えがちな不安を和らげ、入社後すぐに必要となる基本行動を学びます。

学習の進めかた

レッスン1 入社する企業をイメージしよう 3時間

入社動機は、実は就職活動よりも、入社したあと、その企業で活躍するために必要になります。また、企業や職場への理解を深めることも大切です。本教材では、受講者自身が大切にしていることや入社動機をもう一度確認し、3つの観点から入社する企業をとらえなおします。この作業を通じて自社に対する理解を深めます。

入社動機を整理しよう
企業をとらえる観点を知ろう
まとめ

詳細はこちら

レッスン3 社会人としての基本行動を身につけよう 2時間

基本行動とは、仕事で活躍している社会人なら、誰でもどんな時にでも実践している行動です。「相手は今、何を期待しているんだろう?自分はどう応えるべきだろう?」と考えて行動することが重要です。本教材では、挨拶や電話の応対など、入社初日からすぐ必要になる基本行動とその意味、基本的な仕事の進め方を学習します。

第一印象をよくする
お客様への応対を身につける
仕事の進めかたを知る
総合テスト
まとめ

詳細はこちら

関連ブログ・記事

『eラーニング大百科』

eラーニングについて知りたい方必見 『eラーニング大百科』 教育担当がこっそり開くパーフェクトガイド

無料eBookをダウンロードする
compliance_ebook

131ページで徹底解説 コンプライアンスが楽しくなる!ゲーミフィケーションで実践する教育の仕組みづくり

無料eBookをダウンロードする
eLearningMaterial

教材検討にご活用ください 約300教材をまとめた、eラーニング教材カタログ

教材カタログをダウンロードする