eラーニング教材 問題解決の基本

問題を適切に設定し、問題の原因を追究して具体的な対策を打つ

問題解決とは、問題を適切に設定し、問題の原因を追究して具体的な対策を打つことです。業務において発生する問題の具体的な対策を打つために必要となる論理的・系統的な問題解決アプローチと、ツールやフレームワークなどを用いて効率的に問題解決するための基礎知識を学習します。経験の少ない若手社員から、中堅社員、管理職まで、幅広い層を対象にした教材です。

論理的・系統的な問題解決アプローチのスキルを身につける

10年先の未来が予測できないVUCAの時代には、自ら問題を発見し、解決するスキルを身に付けることが必要不可欠です。
本教材では、問題解決の概要をはじめとして、原因の追究や対策の立案について理解を深めることができます。また、ビジネスシーンで発生する様々な問題を、実際のケースを交えて学習することで、本質的な原因を発見するための方法を学ぶことができます。

学習の流れ

目次

・真の問題解決とは
・問題解決のプロセス
・問題を深掘りして定義する
・問題の根本原因を見つける
・【ケースで考える】問題の根本原因を見つける
・問題の要素を整理するコツ<MECEに考える>
・MECEに分解するための3つの切り口
・フレームワークを活用してMECEに考える
・【ケースで考える】3Cのフレームワーク
・Whyツリーで問題を要素分解する
・【ケースで考える】Whyツリーで問題を要素分解する
・対策の立案とは
・【ケースで考える】対策の立案
・仮説と検証を繰り返す
・【ケースで考える】仮説と検証を繰り返す
・Howツリーで対策を考える
・【ケースで考える】Howツリーで対策を考える
・対策の優先順位を決める
・実行計画への反映と実施
・確認テスト

教材概要

学習時間 30分
対応端末 PC・スマートフォン・タブレット
対応OS Windows、iOS、Android
外国語版の有無 英語

その他おすすめ教材

問題発見のスキル

問題発見のスキル 30分

本教材では、ビジネスシーンで発生する問題の本質的な原因を発見するための方法として、論理的思考に関する基礎知識や手法について学ぶことができます。

・なぜ論理的思考力が必要なのか
・多面的に見る
・【ケースで考える】多面的に見る
・システム思考で全体のつながりを見る
・【ケースで考える】システム思考で全体のつながりを見る
・思い込みを排除する
・【ケースで考える】思い込みを排除する
・批判的に考える
・【ケースで考える】思批判的に考える
・なぜ論理把握が必要なのか
・因果関係に注意する
・【ケースで考える】因果関係に注意する
・コンテキスト思考で見えない背景を読み取る
・【ケースで考える】コンテキスト思考で見えない背景を読み取る
・安易な一般化に注意する
・【ケースで考える】安易な一般化に注意する
・原点に立ち戻る
・【ケースで考える】原点に立ち戻る
・確認テスト

詳細はこちら

問題発見の基本

問題発見の基本 30分

問題とは、「あるべき姿」と「現状」との間に差がある状態をいいます。物事の「あるべき姿」をイメージし、「現状」と比較することでその差を認識することができます。これを問題発見と呼びます。本教材では、ビジネスシーンで発生する問題の本質的な原因を発見するための方法について、基本的な知識と心構えに触れ、考える力の基礎を築くことができます。

・今の時代に必要なスキルとは
・解決すべき真の問題は何か?
・【ケースで考える】解決すべき真の問題は何か?
・曖昧な要求に応える
・【ケースで考える】曖昧な要求に応える
・「問題」とは何か?
・【ケースで考える】「問題」とは何か?
・問題発見のチェックポイント
・確認テスト

詳細はこちら

関連ブログ・記事

『eラーニング大百科』

eラーニングについて知りたい方必見 『eラーニング大百科』 教育担当がこっそり開くパーフェクトガイド

無料eBookをダウンロードする
compliance_ebook

131ページで徹底解説 コンプライアンスが楽しくなる!ゲーミフィケーションで実践する教育の仕組みづくり

無料eBookをダウンロードする
eLearningMaterial

教材検討にご活用ください 約300教材をまとめた、eラーニング教材カタログ

教材カタログをダウンロードする