成功事例 〔アパレルF社〕
本部・店舗間の情報共有:販促活動の浸透とコミュニケーションの促進

アパレル小売チェーンF社 様

ナレッジルームで現場に販促活動を浸透させ、
SNS機能で活性化させる

主な利用機能:eラーニング, ナレッジルーム, アンケート・レポート

課題
  • 販促キャンペーンを本部で企画し運用していたが、その内容が現場に理解されない、実践されない、店舗間でばらつきがあるなどの課題を抱えていた。
  • 店舗間で情報共有する仕組みがなく、現場でよいアイディアが出てもそれを共有化できなかった。
解決
この企業様ではCAREERSHIP®の[ナレッジルーム]を活用して、本部で企画した販促キャンペーンを現場に浸透させ、活性化させる施策を行っています。マニュアルだけでなく動画やeラーニングを使ってキャンペーン内容を現場に発信し、理解を促しています。また、SNS機能を活用して、キャンペーンの実践状況(商品のレイアウトの写真など)や成功事例などを店舗ごとに公開して店舗間で事例を共有したり、それらの記事に対してスタッフ間でコメントのやりとりをしたりして、キャンペーンの活性化とスタッフ間の情報共有を図っています。
[ナレッジルーム]は企業向けSNS機能です。管理者が自由にテーマと参加者を設定し、管理者および許可されたユーザは自由に素材の投稿やコメントのやりとりをすることができます。素材は写真などの画像だけにとどまらず、マニュアルなどの文章や動画などを投稿することも可能です。また、[ナレッジルーム]はCAREERSHIP®の[eラーニング]や[アンケート/レポート]とも連動しているため、これらを活用することで、企画→実践→結果確認までを一気通貫で管理することが可能です。

施策の効果
  • ナレッジルームでマニュアル以外にもeラーニングや動画を配信することで、企画内容が現場に浸透しやすくなった。
  • SNS機能を活用して、各店舗の成功事例やアイディアを共有することで、店舗の販促企画に対するモチベーションが向上。従業員間でコメントのやりとりができることでスタッフの交流や情報共有、ナレッジマネジメントを実現。
  • [ナレッジルーム]の企業向けSNS機能を活用することでボトムアップのプロセスや横同士のつながりが活性化。
今後の課題
[ナレッジルーム]上で得た情報と経営情報の相関を見ながらPDCAサイクルを回していく施策を構築する予定です。

導入事例一覧

その他事例