成功事例 〔自動車メーカーE社〕
海外勤務社員の人財育成:管理職のマネジメント力向上と、現地社員の即戦力化

自動車メーカーE社 様

海外赴任する社員や海外に在籍する社員を
多言語eラーニングで戦力化する

主な利用機能:eラーニング

課題
  • 海外赴任する社員に対して、赴任前に言語教育やグローバルスタンダードなマネジメント教育を行いたい。
  • 海外に在籍する社員にも教育研修を実施し、社員の一層の戦力化により競争優位に立ちたい。また、多国籍の社員に対して、日本語だけでなく英語等の言語で研修を行い、教育効果を高めたい。
解決
自動車メーカーは、いかにグローバルな環境下で優秀な人材を確保したり育成したりするかが、競争優位に立つ鍵となっています。一方で、現地で外国人社員をマネジメントするときに日本流のマネジメントは通用しないことが多く、期待通りに現地社員の能力を引き出せなかったり社員のモチベーションが低下してしまったりする懸念がありました。そこでこの企業では、海外の支店長・工場長を対象に「MBAマネジメント養成講座」をeラーニング配信してグローバルスタンダードなマネジメントスキルを身につけさせ、職場のパフォーマンス向上につなげました。また、海外赴任する若手~中堅社員を対象に海外派遣研修を実施し、日本にいる間に言語教育や現地で必要となる知識を身につけさせ、現地に着任したら即戦力として活躍できるよう準備をしています。
外国人社員の効果的な教育研修のためには、彼らがより使い慣れた言語で教育することが欠かせません。CAREERSHIP®の言語は日本語、英語、中国語をご用意しております。(2018年現在。対応言語は順次拡大予定。)第一言語、第二言語のユーザ属性を設定できるため、各ユーザの使用言語に合わせてシステムの表示言語を変更することができます。マネジメント教材など一部の教材は日本語/英語切替が可能で、受講者がより快適で、理解しやすい環境で学習することができます。

施策の効果
  • 多言語対応のCAREERSHIP®、および日本語/英語の言語切替が可能な教材を使用することで、外国人の社員がより効果的に研修を受けられるようになった。
  • 海外に在籍する社員にも日本と同じように研修を実施できるようになり、海外で働く社員のスキルアップと戦力化を実現した。
  • 汎用教材「MBAマネジメント養成講座」を配信し、世界で通用するマネジメント能力を養成することで、現地支店や工場のパフォーマンスが向上した。
  • CAREERSHIP®は日本語・英語・中国語など各企業の使用言語に合わせた画面表示やメール配信が可能。
今後の課題

現在の知識習得型の教材に加えて、外国で起こり得る様々な場面を想定したケーススタディ形式の教材を開発し、応用力・実践力を養う教材を制作していく予定です。

導入事例一覧

その他事例