eラーニングe-learning

教材の受託開発

当社は、あらゆる業界の企業、学校機関、医療機関等に対して、お客様固有の商品・サービス知識、営業手法、社内手続き・ルール等、様々な教育内容のeラーニング化を支援しています。開発工程と開発手法の標準化、システマティックな開発体制、徹底した品質管理によって、学習効果が高い教材の開発を実現しています。

基本的な考え方

ライトワークスのeラーニング受託開発においては、(1)開発手法、工程の標準化、(2)開発体制・要員の確保、(3)品質管理について以下の基本的な考え方を採用し、学習効果が高く高品質な製品の開発を実現しています。

ポイント 基本的考え方
開発手法、
工程の標準化
  • 開発工程及び使用ドキュメントの標準化
  • 各工程ごとの責任者の承認
開発体制・
要員の確保
  • 全工程において社内の要員で対応可能
  • インストラクショナルデザイン技法を習得した要員が各専門分野を担当
品質管理
  • 徹底した品質管理の標準化による高品質製品の実現
  • トラブル発生時の即時対応を含めた確実なPDCAサイクルの実現

受託開発工程

教材開発は、一貫して以下の工程で進行します。各工程の開発作業はすべて標準化されており、どの作業者が作業しても一定の内容と品質で作業が実施できるようになっています。各工程が終了した段階で、お客様に成果物を提示して必要な修正を行うことで、最終成果物の出戻りを最小限にしています。

eラーニングコンテンツの開発から提供までのステップ

custom_01_mb

受託開発における成果物

受託開発の詳細は以下のとおりです。主要なプロセスにおいて、随時成果物を提示し、貴社ニーズを綿密に確認しつつ、最終成果物を開発していきます。

工程の詳細と成果物

custom_02_mb

受託開発の体制

プロジェクトマネジャーの下、SME(教授内容の専門家)、IDer(教育専門家)、ライター・エディター、Webデザイナー・プログラマ、QA担当者によって開発します。開発プロジェクト開始後、貴社とはプロジェクトリーダーが各種調整をさせていただきます。

参考:品質の管理

当社の品質管理については、別ページ「教材開発の考え方」をご参照ください。

教材開発の考え方についてはこちら

導入事例

ライトワークスの受託開発の導入事例を一部ご紹介いたします。

某大手ハウスメーカー

営業の成功パターンとそのノウハウを抽出、さらにこれを均質に共有する観点からeラーニングを導入。

詳しく見る

03-5275-7032